- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ロシアにおける商品の虚偽表示に関する法改正

2015年07月21日

  • 欧州
  • 制度動向
  • その他

印刷する

■概要
ロシアでは、2014年末、商品の虚偽表示に関する責任について、ロシア連邦行政法第14.10条とロシア連邦刑法第180条が改正された。従来は、これら規定の対象となるのは「商標の不正利用」であったが、改正により、「商品(作業、サービス)の虚偽表示」が対象となり、押収対象の拡大、罰金額の引き上げ、虚偽表示にかかる損害の認定基準の引き下げなどが行われた。これにより、虚偽表示に関する責任を、行政的あるいは刑事的に追及することが従来よりも容易となった。

本稿では、ロシアにおける商品の虚偽表示に関する法改正について、Rouse & Co. International (Russia) Ltd.のロシアオフィス代表 弁護士Stuart Adams氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Rouse & Co. International (Russia) Ltd ロシアオフィス代表 弁護士Stuart Adams
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.01.31
■関連キーワード
行政責任   9900   4300   ロシア連邦   RU:ロシア   禁固刑   不正利用   商品の識別手段   専門家   実務者向け   認定基準   押収   損害   罰金   RU-lm-4300   RU-lm-9999   刑事責任   侵害   商標  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.