- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドネシアにおけるハーグ協定のジュネーブ改正協定加盟に向けた課題

2014年10月01日

  • アジア
  • 制度動向
  • その他参考情報
  • 意匠

印刷する

■概要
「ASEAN諸国の意匠登録制度及びその運用実態に関する調査研究」(2013年2月、日本国際知的財産保護協会)Ⅲ-3では、インドネシアにおけるハーグ協定のジュネーブ改正協定加盟に向けた課題として、複数意匠一括出願制度、公開繰り延べ制度、拒絶通報期間、秘密の写しの受理、新規性喪失の例外、関連意匠制度、意匠の簡潔な説明及び請求の範囲、見本による意匠の表現、方式審査、国際登録簿等に関するインドネシアの現状について説明されている。
■詳細及び留意点

ASEAN諸国の意匠登録制度及びその運用実態に関する調査研究(2013年2月、日本国際知的財産保護協会)Ⅲ-3

 

(目次)

Ⅲ ハーグ協定のジュネーブ改正協定加盟に向けたASEAN諸国の課題

3 インドネシア P.155

■ソース
ASEAN諸国の意匠登録制度及びその運用実態に関する調査研究(2013年2月、日本国際知的財産保護協会)
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/chousa/pdf/zaisanken_kouhyou/h24_report_03.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2014.09.09
■関連キーワード
2001   2200   2300   2400   ID-cm-2200   ID-cm-2300   ID-cm-2400   ID-cm-2500   ID-cm-9999   ID:インドネシア   ジュネーブ改正協定   ハーグ協定   仲介官庁   公開繰り延べ   図面   国際出願   国際登録簿   存続期間   実務者向け   拒絶通報期間   新規性喪失の例外   方式審査   自己指定   複数意匠一括出願   見本   関連意匠  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.