ホーム 流通実態

インドにおけるインターネット上の模倣品対策について

 「インドにおけるインターネット上の模倣品対策に関する調査報告書」(2020年3月、日本貿易振興機構 ニューデリー事務所)

目次
1.はじめに P.2
1.1 本調査の背景及び目的 P.2
1.2 本調査方法 P.2

2.インド政府および他の公的機関によるインターネット上の模倣品対策措置 P.3
(インドにおける模倣品対策に関する法令、政策立案および法執行に関わる機関、法律上の救済(民事救済、刑事救済、行政救済および水際対策措置)、摘発実績、訴訟実績ならびに5件の判例(損害額算出、インターネット仲介者の免責、免責の範囲、免責の限界および積極的関与およびEコマースによる直接販売品の信頼性)について紹介している。)

2.1 インターネット上の模倣品対策に関する法令 P.3
2.2 インターネット上の模倣品対策に関する政策立案および法執行に関わる機関 P.14
2.3 インターネット上の模倣品に関するインドの法律上の救済 P.18
2.4 インターネット上の模倣品に関連する摘発(レイド)実績、訴訟実績 P.35
2.5 インターネット上の模倣品に関する裁判例 P.37

3.インドにおけるインターネット上の模倣品に係る調査詳細 P.50
(インターネットショッピング市場の現状、模倣品の実態と傾向および5つの主要ショッピングサイトの模倣品対策について紹介している。)

3.1 インターネットショッピング市場の現状 P.50
3.2 インターネット上の模倣品の流通実態 P.56
3.3 主要ショッピングサイト等の選定 P.63
3.4 各ショッピングサイト等の模倣品対策 P.67

4.おわりに P.84

タイにおける模倣品流通動向調査

「タイにおける模倣品流通動向調査」(2022年3月、日本貿易振興機構バンコク事務所(知的財産部))
注)圧縮版のため画像が粗くなっています。精細な画像を確認したい方は、下記【ソース】のリンクをご利用ください。

目次
第1章 目的 P.1

第2章 タイ市場における模倣品の最新実態 P.2
(タイ市場における2019年から2021年までの模倣品の状況(商標権、特許権(意匠権、小特許(実用新案)権を含む)および著作権の侵害、オンライン上での模倣品流通)に関する統計情報(裁判件数の統計情報あり)が掲載され、コロナ禍における動向について解説している。また、製品分野ごとの模倣品の状況、模倣品の流通実態を実例に挙げ、流通経路をフローチャートで説明し、さらに、タイの5か所の税関に対する聞き取り調査の結果について解説している。)

2.1 2019年調査時と比較した模倣品の事情 P.2
2.1.1 商標権、特許権(意匠特許権、小特許権を含む)、著作権の侵害の最新動向 P.9
2.1.2 オンライン(ECサイト,SNS,etc.)上での模倣品流通実態の最新動向 P.16
2.1.3 コロナ禍の前後で模倣品の流通実態が変化したか否か? P.20
2.2 製品分野ごとの模倣品の概況 P.21
2.2.1 各製品分野ごとの模倣品 P.22
2.2.2 流通経路、販売市場の場所、販売形態の最新動向 P.28
2.2.3 フィールド調査を行った模倣品販売市場の情報 P.45
2.3 模倣品の流通実態 P.82
2.3.1 模倣品の製造、組立 P.82
2.3.2 模倣品の地理的分布および流通 P.89
2.4 タイにおける税関の状況 P.95
2.4.1 ムクダハン税関(Mukdahan Customs House) P.95
2.4.2 メーサイ税関(Mae Sai Customs House) P.98
2.4.3 アランヤプラテート税関(Aranyaprathet Customs House) P.99
2.4.4 プーケット空港税関(Phuket Airport Customs House) P.101
2.4.5 プーケット税関(Phuket Customs House) P.102

第3章 模倣品の流通に影響を与える要因 P.105
(タイ人消費者の購入および消費の動向に関するアンケート調査の内容および調査結果ならびに消費者の意思決定に影響を与える4つの要因(経済的要因、価格およびプロモーション、社会的要因ならびに個人的要因)を解説している。また、アンケート調査の内容および調査結果については、添付資料として詳細な統計も掲載している。)

3.1 タイ人消費者の購入および消費の動向 P.105
3.2 消費者の消費意思決定に影響を与える要因 P.119

添付資料 タイ人消費者の侵害品についての意識に関するアンケート調査結果 P.122

引用文献 P.148

フィリピン市場における模倣品の実態

 「フィリピンにおける模倣品流通実態調査」(2019年3月、日本貿易振興機構マニラ事務所)「Ⅳ フィリピン市場における模倣品の実態」

 

(目次)

Ⅳ フィリピン市場における模倣品の実態 P.28

 1 最近10年間の模倣品事情 P.28

  1.1 フィリピンにおける模倣品 P.28

  1.2 近時10年間における模倣品摘発実績 P.28

 2 製品分野ごとの模倣品の概況 P.31

  2.1 電気・電子製品(時計・電卓・カメラ含む) P.31

  2.2 化粧品・薬品・トイレタリー P.32

  2.3 車両(オートバイ含む)・車両のスペア部品(ブレーキパッド等)及び関連用品

  (アクセサリ類、充填財(「剤」の誤記:作成者注)等 P.32

  2.4 食料品(調味料含む)、健康食品類(滋養・栄養食品、サプリメント等) P.33

  2.5 衣類、かばん、履物、眼鏡、アクセサリー、スポーツ・レジャー用品等 P.33

  2.6 光ディスクメディア(CD及びDVD) P.33

  2.7 コンテンツ、キャラクターグッズ P.34

  2.8 携帯電話及び付属品 P.34

 3 模倣品の流通実態:製造・組立及び配分・流通(製品分野別) P.36

  3.1 電気・電子製品(時計・電卓・カメラ含む) P.36

  3.2 化粧品・薬品・トイレタリー P.37

  3.3 車両(オートバイ含む)・車両のスペア部品(ブレーキパッド等)及び関連用品

  (アクセサリ類、充填剤等) P.42

  3.4 食料品(調味料含む)、健康食品類(滋養・栄養食品、サプリメント等) P.44

  3.5 衣類、かばん、履物、眼鏡、アクセサリー、スポーツ・レジャー用品等 P.46

  3.6 光ディスクメディア(CD及びDVD) P.49

  3.7 コンテンツ、キャラクターグッズ P.50

  3.8 携帯電話及び付属品 P.51

 4 模倣品の消費 P.52

  4.1 フィリピンにおける模倣品販売市場 P.52

  4.2 市場における模倣品の混入率 P.79

  4.3 模倣品の消費者層の区分―社会経済階層(Socio Economic Classes) P.79

  4.4 模倣品の消費状況(製品分野別) P.83

 5 インターネット上における模倣品の消費 P.101

  5.1 フィリピンで利用可能な主要 EC サイト P.101

  5.2 主要な模倣品の状況 P.102

  5.3 模倣品の混入率 P.103

  5.4 模倣品の消費規模 P.103

  5.5 模倣品の主な消費者層 P.103

  5.6 模倣品と本物との価格・品質等の比較 P.103

  5.7 消費者の認識(本物と模倣品とを識別しているかどうか) P.104

  5.8 消費者が模倣品を購入する動機 P.104

 6 実例(製品分野別) P.105

  6.1 電気・電子製品(時計・電卓・カメラ含む) P.106

  6.2 化粧品・薬品・トイレタリー P.109

  6.3 車両(オートバイ含む)・車両のスペア部品(ブレーキパッド等)及び関連用品

  (アクセサリ類、充填剤等) P.112

  6.4 食料品(調味料含む)、健康食品類(滋養・栄養食品、サプリメント等) P.115

  6.5 衣類、かばん、履物、眼鏡、アクセサリー、スポーツ・レジャー用品等 P.117

  6.6 光ディスクメディア(CD及びDVD) P.119

  6.7 コンテンツ、キャラクターグッズ P.121

  3.8 携帯電話及び付属品 P.123