ホーム 出願番号

インドネシアにおける意匠公報へのアクセス方法

1.DGIPによる公報の検索
(1) DGIPのウェブサイト(https://dgip.go.id/)にアクセスすると、DGIPのウェブサイトトップページに移動する(図1)。
 なお、図1の画面左上の青線で囲んである米国の国旗を選択すると、ウェブサイト表記を英語に変更することができる。また、Google Chromeの機械翻訳を使用すると、画面右下に表示されるチャットアイコンに乱れが生じる場合がある。
 以下、英語版で説明する。

図1 DGIPのウェブサイトトップページ(インドネシア語版)

(2) 図1画面の中部「Berita Resmi Kekayaan Intelektual(IP Gazette、知的財産公報)」の緑線で囲んである「Berita Resmi Desain Industri(Industrial Design Gazette、意匠公報)」をクリックすると直近の意匠公報10件が表示される(図2a)。
 なお、意匠公報に関する内容は、すべてインドネシア語になる。

図2a Gazette画面

(3) 図2a画面の緑線で囲んであるマーク(眼の形のデザインのアイコン)をクリックすると公報を閲覧することができる(図3aから図3c)。また、オレンジ線で囲んであるマークをクリックすると公報をダウンロードすることができる。なお、Microsoft Edgeを使用している場合、画面表示の言語は右クリックで表示されるプルダウンメニューから「○○語に翻訳」(「〇〇」はMicrosoft Edgeの言語設定により異なる)を選択し、変更することもできる(図3d)。

図3a 公報画面1(公報表紙)

図3b 公報画面2(索引)

図3c 公報画面3(公報詳細)

図3d 画面言語変更(Microsoft Edgeの場合)

2.DGIPによる条件検索
(1) DGIPの提供するデータベースは、全てインドネシア語表記であるが、2023年1月現在、約8万件の意匠が収録されている。まず、DGIPのウェブサイト(https://dgip.go.id/)のウェブサイトトップページにアクセスする(図4)。
 なお、図4の画面左上の緑色の線で囲んである米国の国旗を選択すると、ウェブサイト表記を英語に変更することができる。
 以下、英語版で説明する。

図4 DGIPのウェブサイトトップページ(英語版)

(2) 赤線で囲んである「Search」(インドネシア語「Penelusuran」)からプルダウンメニューの「IP Data Searching」(インドネシア語「PDKI」)を選択するとデータベース(PDKI)のトップページ「PANGKALAN DATA KEKAYAAN INTELEKTUAL」画面が表示される(図5)。画面レイアウトはウィンドウサイズに応じて下記の画像と異なる場合がある。
 なお、表示される画面の項目は、すべてインドネシア語となる。

図5 データベース(PDKI)のトップページ(Microsoft Edgeの場合)

(3) 検索ページはインドネシア語であるが、Microsoft Edgeの場合は、図5の画面表示の言語を右クリックで表示されるプルダウンメニューから緑線で囲んである「〇〇語に翻訳」を選択し、変更することができる。以下、Microsoft Edgeで英語に機械翻訳した例を紹介する。

2-1.簡易検索

図6 検索例

(1) 例えば、PDKIのトップページ画面(図6)の赤線で囲んであるプルダウンメニューから「Industrial Design」(インドネシア語「Desain Industri」)を選択し緑線で囲んである検索欄に「car」と入力し、青線で囲んである「Look for」(インドネシア語「Cari」)をクリックすると検索結果が表示される(図7)。

図7 検索結果

(2) 検索結果(図7)の緑線で囲んである名称をクリックすると、詳細画面が表示される(図8a、図8b)。

 赤線で囲んであるステータスの選択肢は以下のとおりである(英語(インドネシア語(日本語))。
・In Progress(Dalam proses(審査中))
・Retracted(Ditarik kembali(取下))
・Cancelled(Dibatalkan(抹消))
・Given(Dibri(登録))
・Migrated(Dimigrasikan(電子化移行中))
・Rejected(Ditolak(拒絶))
・End(Berakhir(権利満了))

 青線で囲んである「Search Result By country(Hasil Pencarian Per Negara)」には出願人の国籍別の件数が表示される。絞り込みはできない。

 オレンジ線で囲んである「Total Applications(Total Permohonan)」には、特許、意匠、商標、著作権および地理的表示について、データベース内の収録全件数が示される。検索結果とは無関係である。

図8a 詳細画面1

図8b 詳細画面2

 詳細情報は以下のとおりである(英語(インドネシア語(日本語))。

・Certificate No.(No. Sertifikat(登録番号))
・Date of Giving(Tgl. Pemberian(登録日)
・Status(Status(ステータス))
・Detail(Detail(詳細))
 〇ANNOUNCEMENT NUMBER(NOMOR PENGUMUMAN(公報番号))
 〇ANNOUNCEMENT DATE(TANGGAL PENGUMUMAN(公報発行日))
 〇APPLICATION NUMBER(NOMOR PERMOHONAN(出願番号))
 〇DATE OF RECEIPT(TANGGAL PENERIMAAN(出願日))
 〇PROTECTION START DATE(TANGGAL DIMULAI PELINDUNGAN(権利開始日)):出願日と同日
 〇PROTECTION END DATE(TANGGAL BERAKHIR PELINDUNGAN)(権利満了日))
 〇NUMBER OF CLAIMS((JUMLAH KLAIM)請求項数)
 〇NAME OF THE EXAMINER((NAMA PEMERIKSA)審査官名)
・Publication(Publikasi(公報))
 〇Publication A(Publikasi A(公開公報))
・Product Usability(Kegunaan Produk(製品の使いやすさ))
・Description of the claim(Deskripsi Klaim(請求項の詳細))
・Class Locarno(Kelas Locarno(ロカルノ分類番号))
・Priority(Prioritas(優先権))
 〇NUMBER(NOMOR(優先権番号))
 〇DATE(TANGGAL(日付))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(優先権主張国))
・Holder(Pemegang(権利者))
 〇NAME(NAMA(名前))
 〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))
・Designers(Pendesain(創作者))
 〇NAME(NAMA(名前))
 〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))
・Consultant(Konsultan(代理人))
 〇NAME(NAMA(名前))
 〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))

 図8aの緑線で囲んであるマークをクリックすると公報のPDFファイルがダウンロードできる。ブラウザーの設定によっては、画面表示される(図9)。

図9 公報画面

2-2.詳細検索(Advance Filter)
(1) 検索画面(図10a)の「Advance Filter」(オレンジの枠部分)をクリックすると詳細検索画面が表示される(図10b)。また、図7の赤の線で囲んであるステータスの選択肢の右側の「Filter」をクリックしても同じ画面が表示される。

図10a 検索画面(図6再掲)

図10b 詳細検索画面

 検索条件の項目は以下のとおり(英語(インドネシア語、日本語))。

・By Number(Berdasarkan Nomor(番号検索))
 〇Application Number(Nomor Permohonan(出願番号))
 〇Announcement Number(Nomor Pengumuman(公開番号))
 〇Priority Number(Nomor Prioritas(優先権番号))
・By Text(Berdasarkan Teks(文字検索))
 〇Heading(Judul(意匠にかかる物品))
 〇Holder’s Name(Nama Pemegang(権利者名))
 〇Designer Name(Nama Pendesain(創作者名))
 〇Consultant Name(Nama Konsultan(代理人名))
 〇Province(Provinsi(地域)):プルダウンメニューから選択する。
・By Period(Berdasarkan Periode(期間検索)):YYYY-MM-DDで数字入力またはカレンダーから日付を選択できる。
 〇Date of Grant(Tanggal Pemberian(登録日))
 〇Announcement Date(Tanggal Pengumuman(公開日))
 〇Protection Start Date(Tanggal Dimulai Perlindungan(権利開始日))
 〇Protection End Date(Tanggal Berakhir Perlindungan(権利満了日))

図11 検索例

(2) 例えば図11のように検索条件「Heading」に「battery」、「Date of Grant」の検索範囲を「2021-0101」から「2022-02-28」までを選択し、「Apply Filter(Terapkan Filter(フィルター適用))」をクリックすると検索結果が表示される(図12)。

図12 検索結果

(3) 検索結果の確認方法は「2-1. 簡易検索 (2)」と同様である。

3.WIPO Global Design Databaseによる意匠検索

図13 DGIPのウェブサイトトップページ(英語版)

(1) DGIPのウェブサイトトップページ(https://dgip.go.id/)の「Search(Penelusuran(検索))」のプルダウンメニュー「WIPO」から「Industrial Design(Desain Industri(意匠)」を選択(図13)すると、WIPO検索画面「WIPO Global Design Database」(https://www3.wipo.int/designdb/en/index.jsp)にアクセスする(図14)。Global Design Databaseでは、インドネシア意匠の英語での検索が可能である。

図14 Global Design Databaseトップページ

 画面左上の緑線で囲んである「SEARCH BY」欄、右上の赤線で囲んである「FILTER BY」欄が配置されている。検索条件の項目は以下のとおり。

SEARCH BY(検索)
・Design(意匠)
 〇Indication of product(製品の表示)
 〇Design class(意匠分類):ロカルノ分類、意匠分類(CA)、意匠分類(JP)、意匠分類(US)からの検索が可能である。
 〇Description(詳細)
・Names(名称):権利者、創作者、代理人からの検索が可能である。
・Numbers(番号):出願番号、登録番号からの検索が可能である。
・Dates(日付):出願日、登録日、公開日、権利満了日からの検索が可能である(いずれも期間指定可能)。
・Country(国):指定官庁、保有国、出願人締約国による検索が可能である。
・Priority(優先権):優先権主張番号、優先主張日、優先権主張国からの検索が可能である。

FILTER BY(フィルター)
・Source(情報元):データを提供している特許庁が表示されている。
・Status(ステータス):権利状態からの絞り込みが可能である。
・Designation(指定):国の指定が可能である。
・Locarno class(ロカルノ分類)
・Reg.Year(登録年)

上記のほか、「Expiration」、「Holder」のタブを表示させて絞り込むことも可能である。

(2) 例えば、緑線で囲んである「SEARCH BY」、「Indication of product」タブに「Mobile Phone」と入力し「Search」をクリックする。さらに、赤線で囲んである「FILTER BY」の「Source」タブの「ID Designs」を選択し、「filter」をクリックすると、検索結果が表示される(図15)。オレンジ線で囲んである「Sort by」により検索結果の並び替えが可能である。
 検索結果をクリアしたい場合、青線で囲んである「CURRENT SEARCH」の検索条件の右上「X」をクリックまたは、右下のごみ箱をクリックする。

図15 検索例

(3) 検索結果を確認したい意匠の欄をクリックすると詳細情報が表示される(図16)。

図16 詳細情報

 詳細情報の項目は以下のとおり。なお、意匠によって項目が変わることがある。

・Status(ステータス)
・Application number(出願番号)
・Filing date(出願日)
・Date of the national registration(登録日)
・Expected expiration date of the registration/renewal(登録/更新期限の予定日)
・Description of the characteristic features of the design(s), or matter for which protection is not sought(意匠の特徴また保護を求めない事項の説明)
・Priority Data(優先権情報)
・Class and subclass of the Locarno Classification(ロカルノ分類番号、サブクラス)
・Indication of products(製品の表示)
・Name and address of creator of designs(意匠創作者の氏名および住所)
・Name and address of the holder(s)(権利者の氏名および住所)
・Name and address of representative(代表者の氏名および住所)
・Statement of Novelty(新規性の陳述)
・図面

 Global Design Databaseは、英語で検索可能であり、使いやすい検索機能も有するが、DGIPのデータベースと比較すると、収録意匠件数がやや少ない。目的に応じて両者を使い分けるのが良いと考えられる。

韓国における特許/実用新案/商標/意匠の公報の調べ方―特許情報検索サービス(KIPRIS)

1.KIPRISのウェブサイト
 KIPRISのウェブサイトhttp://www.kipris.or.kr/khome/main.jspにアクセスし、画面左上の「English(図1の赤枠箇所、以下同様)」をクリックする。以下、英語版サイトからの検索方法を示す。

       図1 KIPRISウェブサイト 韓国語版トップページ

2.英語版サイトのトップページ
2-1.一般検索(General Search)
 英語版サイトのトップページ(図2)の検索ボックス左端にある「▼All」をクリックすると、検索対象の選択肢①として「Patent(特許)」「Design(意匠)」「Trademark(商標)」「KPA(Korean Patent Abstract、韓国特許抄録)」がプルダウンメニューで表示される。
 検索対象を選択した後、検索欄②にキーワードや出願番号等を入力し、検索ボタン③(虫眼鏡ボタン)をクリックすると検索が実行される。

         図2 KIPRISウェブサイト 英語版トップページ

2-2.詳細検索(Smart Search)
 図2の画面上部(黄色枠箇所)の「SEARCH」下の「Patent」「Design」「Trademark」「KPA」のいずれかのボタンをクリックすると、図3に示す画面が表示される。ここで、「Smart Search> Click here for advanced search」をクリックすると、図4に示す詳細検索画面が表示される。

      図3.図2の画面で上部の「Patent」をクリックして表示される画面

 図4.図3の画面で「Smart Search> Click here for ・・・」をクリックして表示される画面

 特許・実用新案、意匠および商標の検索方法については、下記関連記事に詳細な検索方法を紹介しているので、参照していただきたい。

関連記事:
「韓国における特許検索方法-特許情報検索サービス(KIPRIS)(2022.10.20)」
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/26764/
「韓国における商標情報検索方法―特許情報検索サービス(KIPRIS)(2022.11.24)」
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/27139/
「韓国における意匠検索方法―韓国特許技術情報センター(KIPRIS)(2018.07.31)」
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/15574/

インドネシアにおける特許・簡易特許(実用新案)公報のアクセス方法

1.DGIPによる公報の検索
(1) DGIPのウェブサイト(https://dgip.go.id/)にアクセスすると、DGIPのウェブサイトトップページに移動する(図1)。

図1 DGIPのウェブサイトトップページ

(2) 図1画面の中部「Berita Resmi Kekayaan Intelektual(IP Gazette、知的財産公報)」の緑線で囲んである「Berita Resmi Paten(Patent Gazette、特許公報)」をクリックすると直近の公報(特許および簡易特許公報)が10件表示される(図2)。

 図2 Gazette画面

 図1画面左上の青線で囲んである米国の国旗を選択すると、ウェブサイト表記を英語に変更することができる。また、画面表示の言語は右クリックで表示されるプルダウンメニューから「○○語に翻訳」(「〇〇」はブラウザーの言語設定により異なる)を選択し、変更することもできる(図3)。なお、Google Chromeを使用している場合、画面右下に表示されるチャットアイコンに乱れが生じる場合がある。
 以下、英語版で説明する。

図3 画面言語変更(Google Chrome使用の場合)

1-1.Patent Gazette(特許公報(Berita Resmi Paten))

図4 Gazette画面 Patent Gazette選択(図2再掲)

 図4画面の緑線で囲んであるマーク(眼の形のデザインのアイコン)をクリックすると特許公報を閲覧することができる(図5a、図5b)。また、オレンジ線で囲んであるマークをクリックすると公報をダウンロードすることができる。

図5a 公報画面1(公報表紙)

図5b 特許公報画面2(公報詳細)

1-2.Simple Patent Gazette(簡易特許公報(Berita Resmi Paten))

図6 Gazette画面 Simple Patent Gazette選択(図2再掲)

(1) 図6画面の緑の線で囲んであるマーク(眼の形のデザインのアイコン)をクリックすると簡易特許公報を閲覧することができる(図7a、図7b)。また、オレンジの線で囲んであるマークをクリックすると公報をダウンロードすることができる。

図7a 公報画面1(公報表紙)

図7b 簡易特許公報画面2(公報詳細)

2.DGIPによる条件検索
(1) DGIPの提供するデータベースは、全てインドネシア語表記である。DGIPのウェブサイト(https://dgip.go.id/)にアクセスするとDGIPのウェブサイトトップページが表示される(図8)。

図8 DGIPのウェブサイトトップページ(図1再掲)

(2) 図8の画面左上の緑色の線で囲んである米国の国旗を選択すると、ウェブサイト表記を英語に変更することができる。赤い線で囲んである「Search」(インドネシア語「Penelusuran」)からプルダウンメニューの「IP Data Searching」(インドネシア語「PDKI」)を選択するとデータベース(PDKI)のトップページ「PANGKALAN DATA KEKAYAAN INTELEKTUAL」画面が表示される(図9)。画面レイアウトはウィンドウサイズに応じて下記の画像と異なる場合がある。

図9 データベース(PDKI)のトップページ

(3) 図9の赤線で囲んであるプルダウンメニューから「Paten」を選択すると図10が表示される。

(4) 図10の画面表示の言語は、右クリックで表示されるプルダウンメニューから緑線で囲んである「〇〇語に翻訳」を選択し、変更することができる。以降、Microsoft Edgeを使用した場合の例を紹介する。

図10 データベース(PDKI)のトップページ 言語変更(Microsoft Edge使用の場合)

2-1.簡易検索
 出願番号、登録番号(完全一致)あるいは発明の名称または要約書中の文字列に含まれる単語は簡易検索可能である。図11の緑線で囲んである欄に番号または文字列を入力すると検索結果が得られる。AND検索も可能である。出願番号等は、データベースに登録されている番号と完全一致の場合にのみ検索可能である。先頭のアルファベットの省略は不可である(入力例:P00201502200(出願番号)、IDP000075121(特許番号))。また、発明の名称はインドネシア語だが、要約書は大半の案件でインドネシア語に加えて英語が存在し、英語入力で要約書中の文字列が検索可能である。

図11 検索例

(1) 例えば、PDKIのトップページ画面(図11)の「Paten」の緑線で囲んである検索欄に「P00201502200」と入力し、青線で囲んである「Look for」(インドネシア語「Cari」)をクリックすると検索結果が表示される(図12)。

図12 検索結果

(2) 検索結果(図12)の緑線で囲んである名称をクリックすると、詳細画面が表示される(図13a、図13b)。

 図12の赤線で囲んであるステータスの選択肢は以下のとおりである(英語(インドネシア語、日本語))。
・In Progress(Dalam proses(審査中))
・End(Berakhir(権利満了))
・Given(Diberi(登録)
・Retracted(Ditarik Kembali(取下))
・Deleted(Dihapus(取消))
・Migrated(Dimigrasikan(電子化移行中))
・Rejected(Ditolak(拒絶))

 図12の青線で囲んである「Search Result By country(Hasil Pencarian Per Negara)」には検索結果の出願人の国別の件数が表示される。絞り込みはできない。

 図12のオレンジ線で囲んである「Total Applications(Total Permohonan)」には、特許、商標、意匠、著作権および地理的表示について、データベース内の収録全件数が示される。検索結果とは無関係である。

図13a 詳細画面1

図13b 詳細画面2

 詳細情報(図13)は以下のとおりである(英語(インドネシア語(日本語))。

・No. Patent(No. Paten(特許番号))
・Date of Giving(Tgl. Penaftaran(登録日)
・Status(Status(ステータス))
・Abstract(Abstract(要約))
・Detail(Detail(詳細))
 〇ANNOUNCEMENT NUMBER(NOMOR PENGUMUMAN(公報番号))
 〇ANNOUNCEMENT DATE(TANGGAL PENGUMUMAN(公報発行日))
 〇APPLICATION NUMBER(NOMOR PERMOHONAN(出願番号))
 〇DATE OF RECEIPT(TANGGAL PENERIMAAN(出願日))
 〇PROTECTION START DATE(TANGGAL DIMULAI PELINDUNGAN(権利開始日)):出願日と同日
 〇PROTECTION END DATE(TANGGAL BERAKHIR PELINDUNGAN)(権利満了日))
 〇NUMBER OF CALIM(JUMLAH KLAIM(請求項数))
 〇NAME OF EXAMINER(NAMA PEMERIKSA(審査官名))
・Publication(Publikasi(公報))
〇Publication B(Publikasi B(特許公報)):この項目は案件によって表示されない場合がある。
・Priority(Prioritas(優先権))
〇NUMBER(NOMOR(優先権番号))
〇DATE(TANGGAL(優先日))
〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(優先権主張国))
・IPC(IPC(特許分類番号))
・Patent Holder(Pemegang Paten(特許権利者))
 〇NAME(NAMA(名前))
 〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))
・Inventor
 〇NAME(NAMA(名前))
 〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))
・Last Maintenance Payment(Pembayaran Pemeliharaan Terakhir(最終維持年金納付))
 〇YEAR OF LAST PAYMENT(TAHUN PEMBAYARAN TERAKHIR(最終納付年)
 〇PAY DATE(TANGGAL BAYAR(支払い日))
 〇NOMINAL(NOMINAL(名目)):金額が表示されている。
・Consultant(Konsultan(代理人))
〇NAME(NAMA(名前))
〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))

 図13aPublicationの横にダウンロードマークが表示される案件がある。そのマークをクリックすると公報のPDFファイルがダウンロードされる。ブラウザーの設定によっては、画面表示される(図14)。

図14 公報画面

2-2.詳細検索(Advance Filter)

図15 検索画面(図11再掲)

(1) 検索画面(図15)のオレンジ線で囲んである「Advance Filter」をクリックすると詳細検索画面が表示される(図16)。また、図12の赤線で囲んであるステータスの選択肢の右側の「Filter」をクリックしても同じ画面が表示される。

図16 詳細検索画面

検索条件の項目は以下のとおり(英語(インドネシア語、日本語))。

・By Number(Berdasarkan Nomor(番号検索))
 〇Application Number(Nomor Permohonan(出願番号))
 〇Patent Number(Nomor Paten(特許番号))
 〇Announcement Number(Nomor Pengumuman(公開番号))
 〇IPC class(Kelas IPC(特許分類番号)):IPC分類番号を入力する。
 〇Priority Number(Nomor Prioritas(優先権番号))
・By Text(Berdasarkan Teks(文字検索))
 〇Title of Invention(Judul Invensi(発明の名称))
 〇Inventor Name(Nama Inventor(発明者名))
 〇Consultant Name(Nama Konsultan(代理人名))
 〇Abstract(Abstrak(要約)
 〇Name of Patent Holder(Nama Pemegang Paten(特許権利者名))
 〇Province(Provinsi(地域)):プルダウンメニューから選択する。
・By Period(Berdasarkan Periode(期間検索)):YYYY-MM-DDで数字入力またはカレンダーから日付を選択できる。
 〇Application Year(Tahun Permohonan(出願年))
 〇Announcement Date(Tanggal Pengumuman(公開日))
 〇 Date of Grant(Tanggal Pemberian(登録日))
 〇Protection Start Date(Tanggal Dimulai Perlindungan(権利開始日))
 〇Protection End Date(Tanggal Berakhir Perlindungan(権利満了日))

図17 検索例

(2) 例えば図17のように検索条件を緑線で囲んであるようにステータスを「Given(登録)」、「Name of Patent Holder(特許権利者名)」を「Pfizer」、「 Application Year(出願年)」を「2014」と設定し、赤線で囲んである「Apply Filter(Terapkan Filter(フィルター適用))」をクリックすると検索結果が表示される(図18)。

図18 検索結果

(3) 検索結果の確認方法は「2-1. 簡易検索 (2)」と同様である。

インドにおける商標のコンセント制度について

1.記載個所
 コンセント制度に係る商標法、商標審査基準を以下に挙げる(下線は本文書の作成者が付した、以下同様である)。

・1999年商標法(以下、商標法)第11条 登録拒絶の相対的理由

(1) 第12条を除き,商標は,次のときは登録されない。
(a) 先の商標とのその同一性及び当該商標が適用された商品又は役務の類似性により,又は
(b) 先の商標とのその類似性及び当該商標が適用された商品又は役務の同一性若しくは類似性により,公衆に混同を生じさせる虞が存在し,それが先の商標と関連する虞を含むとき。
(中略)
(4) 本条は,先の商標又は他の先の権利の所有者が登録に同意する場合における商標の登録を一切妨げるものではない。その場合,登録官は,第12条による特別の状況があるものとして当該標章を登録することができる。
説明--本条の適用上,先の商標とは,次のものをいう。
(a) 登録商標又はより早い出願日を有する第18条に基づく出願又は第36 条にいう国際登録又は第154条にいう条約出願であって,該当する場合は当該商標について主張された優先権を参酌して,当該商標の出願日より早い出願日を有するもの
(b) 商標であって,当該商標の登録出願日又は該当する場合は当該出願について主張された優先日において,周知商標として保護される権利のあったもの
(後略)

・商標法第12条 誠実な競合使用等の場合の登録

誠実な競合使用の場合又は登録官が適切と認めるその他特別の状況がある場合は,登録官は,同一又は類似の商品若しくは役務について(当該商標が登録済か否かを問わず)2人以上の商標の所有者による登録に関し,登録官が適当と認める条件及び制限(ある場合)を付して,許可することができる。

・商標審査基準Chapter Ⅲ商標出願の審査後処理について3.2.6 相対的な拒絶理由の克服

第11条に基づく拒絶理由を出願人は次の方法で克服することができる。
・補正により競合する商品/役務を削除する。
・第11条(4) に基づき、引用商標の所有者から同意を得る。
・第12条に基づく登録を得るため、誠実な同時使用を立証する証拠を提出する。
・第57条に基づいて、引用商標の明細書から同じ説明の商品/役務を削除する登録簿の補正を行う。
・出願を分割し、拒絶理由のない出願の一部をさらに審査することができるようにする。

2.インドにおける商標コンセント制度について
 インドでは商標法第11条(1)には、先行商標と同一または類似する商標を拒絶することが規定されているが、同条(4)に「先の商標権者または他の先の権利の所有者が後続商標の登録に同意する」場合には、後続する出願商標(以下、「後続商標」)の登録を妨げてはならないと規定されており、さらに審査基準の拒絶理由の克服の要件のひとつに「第11条(4)に基づき、引用商標の所有者から同意を得る。」との記載がある。すなわち、引用商標の所有者から後続商標の出願人がコンセントを受領し、それを意見書とともに提出すれば後続商標の拒絶理由は克服されると考えられる。

3.同意書について
 商標法第11条(4)の「登録官は,第12条による特別の状況があるものとして当該標章を登録することができる。」とは、引用商標の所有者が後続商標の登録に同意した場合、登録官は、同一または類似の商品および役務に対して出願された互いに同一または類似する商標の共存を認める商標法12条に基づく「特別事情」として当該出願商標を登録しなければならないことを意味する。
 すなわち、登録官が引用した商標(引用商標)の所有者が、自己の業務に支障をきたさないと考えて、類似の後続商標の登録に同意した場合には、併存登録に同意した旨の同意書および後続商標の出願人との間で契約(Consent Agreement or Concurrent contract、以下、併存契約という)の少なくとも一方を、両者のいずれもが署名した上で、後続商標の出願人が提出しなければならない。
 なお、提出された同意書および併存契約は包袋に登録され、公開される。
 以下、インドの商標庁で行われている実務に基づき、同意書の作成時に注意すべき点を以下に示す:

(1) 同意書に署名する者が引用商標の真正な所有者または所有者を代表する者(もし、移転等により登録と異なる場合には、移転登録申請書の写などの真正な所有者である証拠も添付しなければならない)である旨の陳述書を提出する。
(2) 後続商標の詳細、すなわち出願番号(標章、区分、有効期間)および指定する商品と役務を記載する。
(3) 引用商標の所有者が、後続商標が指定するすべての商品・役務についてその登録を承諾した旨の声明を記載する(なお、出願時よりも限定された範囲の商品・役務についてのみ承諾する場合、後続商標の出願人は、承諾された商品・役務のみを含むように出願書類を補正しなければならない。)
(4) すべての書類は、英語またはヒンディー語で記載する。他の言語で記載する場合は、認証された英訳を添付する。
 その他、実務的なアドバイスとして、例えば裁判管轄の制限、併存期間、重大な契約違反による併存の解消など、特定の条件が課される場合は、それを明確に記載する。

4.併存契約について
 併存登録に同意することは、引用商標の所有者が法定権利の一部を放棄することを暗示し、具体的には、引用商標の所有者が後続商標に対して侵害および/またはパッシングオフ(Passing off、詐称通用)を防止する権利を放棄することになる。
 同意の範囲が広すぎると、たとえ後続商標が引用商標に係る利益や売上を奪っていたとしても、引用商標の所有者は措置を講じることが禁じられているため、コンセントの条件は慎重に作成しなければならない。
 このように、併存登録の同意を与える引用商標の所有者は、併存登録の条件について事前に合意し、併存契約を締結することが求められる。併存契約の条件としては、例えば、引用商標の所有者と後続商標の出願人が、互いの事業分野に踏み込まないように商品・役務をそれぞれ特定し、分割する方法:例えば、両商標の使用を地理的に制限する方法、すなわち、引用商標の所有者と後続商標の出願人が、それぞれの商標を使用する地理的市場をそれぞれ特定し、分割する方法などが挙げられる。
 併存契約の作成は、多くの計画を必要とする。所定の条件の下で他人の商標登録に同意するということは、自分のブランドを拡大させる可能性が減少することを意味する。これは、しばしば機動性の制限、拡大路線の制限、ひいては将来的な収益の制限につながる。したがって、併存契約の締結については、自己のビジネスに対する影響を熟考した上で、当該判断を行うべきである。
 なお、資本関係のある関連会社に同意書を与える場合など、契約に拠らなくても商標の使用制限が可能な場合には、併存契約が不要な場合がある。その場合には、資本関係の解消などのリスクも考慮して、併存契約の締結の有無を判断すべきである。

台湾における専利(特許/実用新案/意匠)の査定と案件状態の調べ方-台湾経済部智慧財産局(TIPO)での専利査定または無効審判

1.台湾経済部智慧財産局トップページ
 台湾経済部智慧財産局(TIPO、中国語「台灣經濟部智慧財產局」、https://www.tipo.gov.tw/tw/mp-1.html)のウェブサイトを開く。

図1. 經濟部智慧財產局トップページ

2.専利の画面
 図1のトップページから「專利」のアイコンをクリックすると図2の専利の画面がオーバーラップして表示される。

図2. 専利の画面

3.專利檢索の画面
 図2の申請專利の下の「專利檢索」をクリックすると、図3の專利檢索の選択肢画面が表示される。

図3. 専利檢索の画面

4.專利審查公開資訊查詢の画面
 図3で「專利審查公開資訊查詢」をクリックすると図4に示す專利審查公開資訊查詢の画面が表示される。

図4. 專利審查公開資訊查詢の画面

 中央上段の「查詢號碼」の入力欄に出願番号(申請案號)、公開番号(公開號)、特許番号(公告號)のいずれかの番号を入力し、中央中段の「檢核碼」の入力欄に、その右側から読み取った4文字のキャプチャーコードを入力し、中央下段の「進行篩選」をクリックすると検索結果が表示される。
 番号を入力する際、「查詢號碼」に入力した番号が、検索対象となる番号とフォーマットが合致すると、図5の上図に示すように、番号入力欄の右側に「✓」が表示され、合致しないと図5の下図に示すように、「×」が表示される。

図5. 入力した番号のチェック機能

 入力した番号が、検索対象に見つからない場合、図6に示すように「查無資料(情報なし)」と表示される。この場合、「回查詢頁(検索画面に戻る)」をクリックすると、図4の画面に戻る。

図6. 「查無資料(情報なし)」の画面

 なお、図4で最上部の虫めがねアイコンをクリックすると、図7のように上部コンソールライン上に番号入力欄が表示される。動作は図4の入力欄と同様である。

図7. コンソールライン上の入力欄

 図4で、画面右上の「中文」をクリックすると英語または日本語での検索が可能となるが、検索結果は、表示項目以外の内容は中国語で表示される。
 また、図4の画面最上部右側の「說明」をクリックすると、図8に示すように、この検索で対象とされる案件の範囲と内容の解説が表示される。

図8. 検索対象、表示内容の解説画面

5.検索例
 例として、図4で検索番号として出願番号「108307488」を入力し、検索すると、図9、図10のような検索結果が表示される。

図9. 「108307488」を検索した結果(上部)の例

 検索結果の上部には図9に示す検索された案件の「申請案號(出願番号)」、「申請日期(出願日)」、「公開號(公開番号)」、「公告號(特許番号)」、「專利名稱(発明の名称)」等の書誌事項が表示される。
 また、図中の「跨國專利檔卷資訊(各国の特許出願情報)」をクリックすると、各国に出願されたファミリー特許があれば、その情報を見ることができる。

図10. 「105126084」を検索した結果(下部)の例

 検索結果の下部には收發文歷程(経過情報)として、審査過程で出願人からの提出文書およびTIPOが発行した文書のリストが表示される。
 経過情報の左側の分類で、黄緑色の表示は出願人からの提出文書(收文)、青色の表示はTIPOが発行した文書(發文)である。
 右側の「文件」に表示される青色の文書名をクリックすると、該当文書がポップアップで表示される。

 図10の検索結果を例に掲載されている関連書類について説明する。(括弧内は、日本語訳)
・申請設計專利(意匠出願)
・初審審查意見通知函(予備審査意見通知):本件の場合拒絶理由通知
・申覆核駁理由(意見書)
・初審核准審定(予備審査判定):本件の場合意匠登録査定
・請領專利證書(特許性証明書の申請)
・函知證書作廢勿再使用(証明書が無効であり、再使用しないことを通知)

 例えば、「文件」欄の青色の「申請書」をクリックすると図11の画面が表示される。右クリック→「印刷」→「PDFに保存」を選択するとPDF形式で保存することができる。
 また、左上の「言語を選択」クリックすると、英語または日本語での表示が選択でき、ウェブ上の文書であれば英語または日本語で表示される。

図11. 申請書類

6.検索結果のダウンロード
 図10の検索の結果で表示された文書をダウンロードしたい場合、必要な各文書名の左側のチェックボックスにチェックを入れ、図の右側の「下載」をクリックする。
 また、一括でダウンロードするためには、図10に示した「文件」の左側のチェックボックスにチェックを入れ、図の右側の「下載」をクリックする。
 「下載」をクリックすると、図12に示すダウンロード方法選択画面が表示される。

図12. ダウンロード方法選択画面

 ダウンロードには「即時下載(直接ダウンロード)」または「非同步下載(非同期ダウンロード)」の選択肢がある。「直接ダウンロード」ではZip形式のファイルとファイルリストが、PCのダウンロード・フォルダに直接送られてくるのに対し、「非同期ダウンロード」ではダウンロード用のURLがメールに送られてきて、そのURLにアクセスしてファイルおよびファイルリストをダウンロードすることができる。
 ファイルの容量が50MBを超える場合、「非同期ダウンロード」のみが可能となる。
 「直接ダウンロード」または「非同期ダウンロード」を選択し、「確定下裁」をクリックするとダウンロードが実行されるか、またはメールが送付されてくる。

7.無効審判
 すべての無効審判案件をリストアップするには、図3で「中華民國專利資訊檢索系統」を選択する。図13に示す中華民國專利資訊檢索系統の画面が示されるので、「檢索設定(検索設定)」欄に無効審判案件の記号「N01」と入力して「檢索(検索)」をクリックすると、図14に示すリストが表示される。

図13. 中華民國專利資訊檢索系統の画面

図14. 無効審判案件の検索結果リスト

「案件狀態」で「核准」とある案件は無効審判を経て登録となったもの、「消滅」とある案件は無効となったものである。
 個別の無効審判の経緯を見るためには、「公開公告號(公開・登録番号)」をクリックする。また、虫めがねアイコンアイコンをクリックすると、図15に示す入力欄が表示され、検索結果に対して条件を設定して再検索することができる。

図15. 再検索入力欄

 「中華民國專利資訊檢索系統」の使用方法については下記関連記事を参照されたい。

関連情報:
「台湾における専利(特許/実用新案/意匠)公報の調べ方―台湾経済部智慧財産局(TIPO)ウェブサイト」(2022.10.27)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/26842/

8.無効審判検索例
 無効審判の検索例として、図15の再検索入力欄に「108307488」を入力して再検索すると、図16に示す検索結果が表示される。

図16. 「108307488」を検索した結果

 図16では案件の右側の「案件狀態(出願状態)」に「撤銷(取消し)」と表示されている。
 ここで、「公開公告號(公開・登録番号)」である「D208123」をクリックすると、図17に示す登録内容が表示される。

図17. 登録番号「D208123(出願番号:108307488)」の登録内容表示画面

 図17の登録内容表示画面で「雜項(その他)」をクリックすると、図18に示す「雜項(その他)」の「理由」の欄に無効審判により取消しとなった経緯が記載されている。

図18. 登録番号「D208123(出願番号:108307488)」の「雜項(その他)」表示画面

 本件の例では、登録となった後、無効審判が請求され、審判の結果、無効とされた。

シンガポールにおける商標のコンセント制度について

1.基本的な考え方
 シンガポールにおける商標に関する法律は、商標法(Cap.332、2022年6月10日施行)、および商標規則(Cap.332 R1、2022年5月26日施行)、商標国際登録規則(Cap.332 R3、2022年5月26日施行)からなる。
 商標法第8条(登録拒絶の相対的理由)第9項において「登録官は,先の登録商標又は他の先の権利の所有者が同意を与えれば,自己の裁量で商標を登録することができる。」と規定されている。
 この条項は、最終的に、登録官が同意書を受諾するかどうかの裁量権を保持し、同意書に基づいて関連する理由による異議を放棄することができることを明確にしている。
 ただし、登録官には同意書を受理するかどうかの裁量権があり、各事例はその実体的側面に基づいて検討されなければならない。また、登録官は、出願された商標と先の商標が実質的に同一で、同一の商品/サービスを主張し、商標が同一の市場で使用されると考える場合、相対的拒絶理由を維持する裁量権を有している。
 一般に、要件を充足した同意書は、市場の実情を示し、出願商標と先行商標とを併存して使用しても誤認および混同を生じないことを示すことから、相対的拒絶理由を克服する可能性が高まると考えられている。

2.同意書作成の原則
 同意書を作成する際の原則と、留意点は以下のとおりである(商標審査基準、相対的拒絶理由7.1.2.1)
(a) 同意書にはいかなる条件も含めてはならない。
 登録官が商標の使用に関する条件が満たされていることを確認する立場にないことから、同意書にはいかなる条件も含めてはならない。
(b) 引用商標権者によって同意が与えられなければならない。
 同意を提供する当事者の名前は、引用商標の商標権者の名前と一致しなければならず、署名者は当該商標権者またはその権利者に代わって署名する権限を与えられた人物でなければならない。ライセンサーなどの実際の使用者ではないことに留意しなければならない。
(c) 同意を与えた商標が明確に特定されていること。
 同意書には、出願商標の詳細(出願番号、標章の表示、区分および指定商品・役務)を含めなければならない。
(d) 同意書には、先行商標権者が、同意を与えた出願商標の使用および登録のいずれにも同意していることが明確であること。
 具体的には、同意書には、先行(引用)商標の詳細(例:登録番号、先行商標権者の名称、標章の表示、区分および指定商品・役務)を含めなければならない。
 また、同意書に含まれる指定商品・役務が最初に指定されたものよりも減縮されている場合、同意が適用される指定商品・役務のみを反映するように願書を補正しなければならない。

3.先行商標権者と出願人との契約について
 先行商標権者と出願人とが商標の併存契約を選択することは任意である。しかし、前記2.(a)にあるように、同意書に当該併存契約を含めてはならない。登録官はクレームされた明細書に基づいて、使用の全範囲を検討するためである。

4.アサインバックについて
 商標の移転について、権利範囲に基づく審査は行われないので、出願人から先行商標権者に権利を移転し、拒絶理由が解消した後に先行商標権者から出願人に再び権利を移転するアサインバックは理論的に可能である。ただし、アサインバックは、2回の移転手続が必要で費用がかかることから、実際は同意書またはライセンス契約を選択すると思われる。

5.登録後の同意書の取消しについて
 出願商標が同意書に基づいて登録された場合、同意書を撤回することはできない。先行商標権者が登録された出願商標を登録簿から削除することを希望する場合は、当該商標の無効または取消しの措置を講じなければならない。
 シンガポールでは、商標が登録されると、その商標を再審査する仕組みがなく、同意書が撤回されたことを理由に再審査することができないため、無効化または取消措置が必要となる。

ブラジルにおける商標公報のアクセス方法

1.ブラジル産業財産庁のウェブサイト
 ブラジル産業財産庁(INPI)ウェブサイト(https://www.gov.br/inpi/pt-br)へアクセスする。なお、画面右側の「Español(ES)」または「English(EN)」をクリックするとスペイン語または英語の表示に切り替わる。以下、ポルトガル語版のウェブサイトを元に説明する。

図1. INPIウェブサイト、トップページ

 図1のトップページの「MARCAS(商標)」をクリックすると、図2画面が表示される(ブラウザの表示幅によっては表示の位置がずれて表示される)。

図2. Marcas画面

 表示される図2の画面「Marcas」から「Busca(検索)」をクリックすると図3のログイン画面が表示される。

図3. ログイン画面

 ログイン画面で、ログインIDを作成済の場合は「Login(ログインID)」、「Senha(パスワード)」を入力する。ログインIDを作成していない場合は、空欄のまま「Continuar(続行する)」をクリックすることで利用できる。
 なお、ログインIDの作成・システムへの登録の方法は、本データバンク内の別コンテンツ「ブラジルの特許・実用新案の登録証その他関連書類の入手方法(https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/17457/)」を参照されたい。
 「Continuar(続行する)」をクリックすると図4のINPIデータベースの選択画面が表示されるので「Marca(商標)」のアイコンをクリックする。

図4. INPIデータベース選択画面

 「Marca(商標)」のアイコンをクリックすると、図5の「Base Marcas(商標データベース調査)」の「PESQUISA BASICA(基本検索)」のページに移行する。

図5. 基本検索画面

2.商標の検索
 4種類の検索方法が提供されており、デフォルトで「Pesquisa Básica(基本検索)」が表示される。この外に「Marca(商標)」、「Titular(所有者)」、「Cód. Figura(図形分類)」による検索が可能である。

2-1.「Pesquisa Básica(基本検索)」(番号検索)
 図5の画面で、「Nº do Processo(出願番号)」の右の入力欄に出願番号を入力し、下方左側の「pesquisar(検索する)」をクリックする。入力事項を消去するためには、下方右側の「limar(消去する)」をクリックする。
 なお、入力欄の右側の「?」をマウスオーバーすると簡単な入力例の説明が表示される。
 出願番号の外に「Nº Guia de Recolhimento da União – GRU(ユニオン回収票、行政サービス請求、支払い番号)」、「Nº do Protocolo(プロトコル番号、不服申立等の請願番号)」、「Nº da Inscrição Internacional(国際登録番号)」による検索が可能である。

 例として、出願番号に「904155196」を入力して検索した結果を図6に示す。

図6. 出願番号「904155196」の検索結果

 表示される情報は「Número(出願番号)」、「Prioridade(優先日、出願日)」、「標章の形態(記号表示)」、「Marca(商標)」、「出願の状況(記号表示)」、「Situação(状況)」、「Titular(所有者)」、「Classe(分類)」である。

・「標章の形態」としては以下の4種類がある。
「N」:Apresentação da Marca – Nominativa、文字標章
「F」:Apresentação da Marca – Figurativa、図形標章
「M」:Apresentação da Marca – Mista、結合標章
「T」:Apresentação da Marca – Tridimensional、立体標章

・「出願の状況(記号表示)」としては以下の3種類がある。
「✓」:Situação do Processo – Aguardando decisão administrativa、審査中
「R」:Situação do Processo – Registro、登録
「×」:Situação do Processo – Arquivado、消滅

 ここで、「Nº do Processo(出願番号)」の数字(904155196)をクリックすると、図7、図8に示す詳細が表示される。

図7. 出願番号「904155196」の検索結果詳細(上部)

図8. 出願番号「904155196」の検索結果詳細(下部)

 本件では、出願が拒絶され、審判請求でも拒絶となり、控訴審で却下となった履歴が表示されている。

2-2.「Marca(商標)」による検索
 図5の画面で、上部の選択肢から「Marca(商標)」をクリックすると、図9に示す「商標」「ニース分類」検索画面が表示される。

図9. 商標、ニース分類検索画面

 この画面で、「Tipp de Pestuisa(検索のタイプ)」には「Exata(完全一致)」と「Radical(部分一致)」の選択肢がある。
 「Marca(商標)」の入力欄では3文字以上の入力が必要であり、感嘆符(!)などの特殊文字は考慮されない。
 「Classificação de Nice – NCL(ニース分類番号)」の入力欄を使用すると、ニース分類での検索が可能である。
 「Nº de Processos por Página(ページ当たりの表示数)」では1ページ当たりの検索結果表示件数を20件から100件の間で選択できる。
 検索条件を入力し、「pesquisar(検索する)」をクリックすると検索が実行され、「limar(消去する)」をクリックすると検索条件が消去される。
 各入力欄の右側の「?」にマウスオーバーすると、入力についての解説が表示される。

 例として、「Tipp de Pestuisa(検索のタイプ)」に「Exata(完全一致)」を選択し、「Marca(商標)」の入力欄に「Samson」と入力したときの検索結果を図10に示す。

図10. 「Samson」の検索結果

 検索結果の「Nº do Processo(出願番号)」の数字をクリックすると、各出願の詳細が表示される。

2-3.「Titular(所有者)」による検索
 図5の画面で、上部の選択肢から「Titular(所有者)」をクリックすると、図11に示す「Titular(所有者)」検索画面が表示される。

図11. 所有者検索画面

 「CNPJ/CPF(法人税務登録番号/個人納税者番号)」の入力欄に法人または個人の納税者番号を入力して検索できる。
 「Nome(名称)」の入力欄に法人名または個人名を入力して検索できる。この欄の入力には、ブーリアン検索(AND、OR、NOT等の演算子を用いた検索)が可能であり、また「*」を用いたワイルドカードも利用できる。
 検索条件を入力し、「pesquisar(検索する)」をクリックすると検索が実行され、「limar(消去する)」をクリックすると検索条件が消去される。
 各入力欄の右側の「?」にマウスオーバーすると、入力についての解説が表示される。

2-4.「Cód. Figura(図形分類)」による検索
 図5の画面で、上部の選択肢から「Cód. Figura(図形分類)」をクリックすると、図12に示す「Cód. Figura(図形分類)」検索画面が表示される。

図12. 「Cód. Figura(図形分類)」検索画面

 「Classificação de Viena – CFE(ウィーン分類)」の入力欄にウィーン分類番号を入力して検索できる。
 「Classificação de Nice – NCL(ニース分類)」の入力欄にニース分類コードを入力して検索する。ウィーン分類検索との併用により、検索結果の精度と検索速度を向上させることができる。この画面ではニース分類コード単独での検索はできない。
 検索条件を入力し、「pesquisar(検索する)」をクリックすると検索が実行され、「limar(消去する)」をクリックすると検索条件が消去される。
 各入力欄の右側の「?」にマウスオーバーすると、入力についての解説が表示される。

 なお、「Classificação de Viena – CFE(ウィーン分類)」の入力欄の右の「«Classificação de Viena»」のアイコンは、ウィーン分類の解説を表示するためのものと思われるが、記事作成日現在、動作しない。

2-5.「Finalizar Sessão(セッションの終了)」
 図5の画面で、5番目の選択肢「Finalizar Sessão(セッションの終了)」をクリックすると、図13に示す検索を終了の確認画面が表示され、「SIM(はい)」をクリックすると図3のログイン画面に戻る。

図13 検索終了画面

インドネシアにおける商標公報へのアクセス方法

1.DGIPによる公報の検索
(1) DGIPのウェブサイト(https://dgip.go.id/)にアクセスすると、DGIPのウェブサイトトップページに移動する(図1)。

図1 DGIPのウェブサイトトップページ

(2) 図1画面の中部「Berita Resmi Kekayaan Intelektual(IP Gazette、知的財産公報)」の緑の線で囲んである「Berita Resmi Merek(Trademark Gazette、商標公報)」をクリックすると直近の商標公報10件が表示される(図2a)。なお、図1の画面左上の青い線で囲んである米国の国旗を選択すると、ウェブサイト表記を英語に変更することができる。以下、英語版で説明する。

図2a Gazette画面

(3) 図2a画面の緑の線で囲んであるマーク(眼の形のデザインのアイコン)をクリックすると公報を閲覧することができる(図3aから図3c)。また、オレンジの線で囲んであるマークをクリックすると公報をダウンロードすることができる。なお、Google Chromeを使用している場合、画面表示の言語は右クリックで表示されるプルダウンメニューから「○○語に翻訳」(「〇〇」はChromeの言語設定により異なる)を選択し、変更することもできる(図3d)が、画面右下に表示されるチャットアイコンに乱れが生じる。

図3a 公報画面1(公報表紙)

図3b 公報画面2(索引)

図3c 公報画面3(公報詳細)

図3d 画面言語変更


2.DGIPによる条件検索
(1) DGIPの提供するデータベースは、全てインドネシア語表記であるが、収録商標数は最多である。DGIPのウェブサイト(https://dgip.go.id/)にアクセスするとのDGIPのウェブサイトトップページに移動する(図4)。

図4 DGIPのウェブサイトトップページ

(2) 図4の画面左上の緑色の線で囲んである米国の国旗を選択すると、ウェブサイト表記を英語に変更することができる。赤い線で囲んである「Search」(インドネシア語「Penelusuran」)からプルダウンメニューの「IP Data Searching」(インドネシア語「PDKI」)を選択するとデータベース(PDKI)のトップページ「PANGKALAN DATA KEKAYAAN INTELEKTUAL」画面が表示される(図5)。画面レイアウトはウィンドウサイズに応じて下記の画像と異なる場合がある。

図5 データベース(PDKI)のトップページ

(3) 図5の画面表示の言語を右クリックで表示されるプルダウンメニューから緑の線で囲んである「〇〇語に翻訳」を選択し、変更することができる。

2-1. 簡易検索

図6 検索例

(1) 例えば、PDKIのトップページ画面(図6)の「Brand」(インドネシア語「Merek」)の緑の線で囲んである検索欄に「apple」と入力し、青い線で囲んである「Look for」(インドネシア語「Cari」)をクリックすると検索結果が表示される(図7)。

図7 検索結果

(2) 検索結果(図7)の緑の線で囲んである名称をクリックすると、詳細画面が表示される(図8a、図8b)。

 赤の線で囲んであるステータスの選択肢は以下のとおりである(英語(インドネシア語、日本語))。
・In Progress(Dalam proses(審査中))
・End(Berakhir(権利満了))
・Cancelled(Dibatalkan(抹消))
・Rejected(Ditolak(拒絶))
・Registered(Didaftar(登録))
・Retracted(Ditarik kembali(取下))
・Deleted(Dihapus(取消))

 青の線で囲んである「Search Result per country(Hasil Pencarian Per Negara)」には検索結果の総数、出願人の国籍別の件数が表示される。絞り込みはできない。

 オレンジの線で囲んである「Total Applications(Total Permohonan)」には、特許、商標、意匠、著作権および地理的表示について、データベース内の収録全件数が示される。検索結果とは無関係である。

図8a 詳細画面1

図8b 詳細画面2

 詳細情報は以下のとおりである(英語(インドネシア語(日本語))。

・Registration No.(No. Pendaftaran(登録番号))
・Date of Registration(Tgl. Penaftaran(登録日)
・Status(Status(ステータス))
・Detail(Detail(詳細))
 〇ANNOUNCEMENT NUMBER(NOMOR PENGUMUMAN(公報番号))
 〇ANNOUNCEMENT DATE(TANGGAL PENGUMUMAN(公報発行日))
 〇APPLICATION NUMBER(NOMOR PERMOHONAN(出願番号))
 〇DATE OF RECEIPT(TANGGAL PENERIMAAN(出願日))
 〇PROTECTION START DATE(TANGGAL DIMULAI PELINDUNGAN(権利開始日)):出願日と同日
 〇PROTECTION END DATE(TANGGAL BERAKHIR PELINDUNGAN)(権利満了日))
・Publication(Publikasi(公報))
 〇Publication A(Publikasi A(公開公報))
・Translation(Translasi(翻訳))
・Nice Class(Kelas Nice(ニース分類))
 〇CLASS CODE(KODE KELAS(分類番号))
 〇TYPES OF GOODS/SERVICES(JENIS BARANG/JASA(商品および役務の種類))
・Priority(Prioritas(優先権))
 〇NUMBER(NOMOR(優先権番号))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(優先権主張国))
・Owner(Pemilik(権利者))
 〇NAME(NAMA(名前))
 〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))
・Consultant(Konsultan(代理人))
 〇NAME(NAMA(名前))
 〇ADDRESS(ALAMAT(住所))
 〇CITIZENSHIP(KEWARGANEGARAAN(国籍))

 図8aの緑の線で囲んであるマークをクリックすると公報のPDFファイルがダウンロードされる。ブラウザの設定によっては、画面表示される(図9)。

図9 公報画面

2-2. 詳細検索(Advance Filter)
(1) 検索画面(図10a)の「Advance Filter」(オレンジの枠部分)をクリックすると詳細検索画面が表示される(図10b)。また、図7の赤の線で囲んであるステータスの選択肢の右側の「Filter」をクリックしても同じ画面が表示される。

図10a 検索画面

図10b 詳細検索画面

 検索条件の項目は以下のとおり(英語(インドネシア語、日本語))。

・By Number(Berdasarkan Nomor(番号検索))
 〇Application Number(Nomor Permohonan(出願番号))
 〇Registration Number(Nomor Pendaftaran(登録番号))
 〇Priority Number(Nomor Prioritas(優先権番号))
 〇Announcement Number(Nomor Pengumuman(公開番号)):IPC分類番号を入力する。
・By Text(Berdasarkan Teks(文字検索))
 〇Brand Name(Nama Merk(商標名))
 〇Classification(Klasifikasi(分類番号))
 〇Consultant Name(Nama Konsultan(代理人名))
 〇Owner’s Name(Nama Pemilik(権利者名))
 〇Province(Provinsi(地域)):プルダウンメニューから選択する。
・By Period(Berdasarkan Periode(期間検索)):YYYY-MM-DDで数字入力またはカレンダーから日付を選択できる。
 〇Year of Application(Tahun Permohonan(出願年))
 〇Announcement Date(Tanggal Pengumuman(公開日))
 〇Registration Date(Tanggal Pendaftaran(登録日))
 〇Protection Start Date(Tanggal Dimulai Perlindungan(権利開始日))
 〇Protection End Date(Tanggal Berakhir Perlindungan(権利満了日))

図11 検索例

(2) 例えば図11のように検索条件「Brand Name」に「Apple」、「Year of Application」に「2022」を選択し、「Apply Filter(Terapkan Filter(フィルター適用))」をクリックすると検索結果が表示される(図12)。

図12 検索結果

(3) 検索結果の確認方法は「2-1. 簡易検索 (2)」と同様である。

3.WIPO Global Brand Databaseによる商標検索

図13 DGIPのウェブサイトトップページ

(1) DGIPのウェブサイトトップページの「Search(Penelusuran(検索))」のプルダウンメニュー「WIPO」を選択し、「Trademark(Merek(商標))」を選択(図13)するとWIPO検索画面「WIPO Global Brand Database」(https://www3.wipo.int/branddb/en/)にアクセスする(図14)。Global Brand Databaseでは、インドネシア商標の英語での検索が可能である。

図14 Global Brand Databaseトップページ

 画面左上の緑の線で囲んである「SEARCH BY」欄、右上の赤い線で囲んである「FILTER BY」欄が配置されている。検索条件の項目は以下のとおり。

SEARCH BY(検索)
・Brand(商標)
 〇Text(文字)
  ■(Normal)(通常):match term(s) as entered:入力した単語を含む商標を検索
  ■(Fuzzy)(あいまい):matches are spelled similarity to entered term(s):入力した単語と類似する綴りの商標を検索する。
  ■(Phonetic)(音声):matches sound like entered term(s):入力した単語と音声類似の商標を検索する。
  ■(Stemming)(語幹):matches all forms of a word(入力した単語と語幹が類似する商標を検索)
 〇Image class(イメージ分類)
 〇Goods/Services(商品/サービス)
・Names(名称):権利者、代理人からの検索が可能である。
・Numbers(番号):出願番号、登録番号からの検索が可能である。
・Dates(日付):出願日、登録日、権利満了日からの検索が可能である(いずれも期間指定可能)。
・Class(分類):区分、商品・役務からの検索が可能である。
・Country(国):Origin、Designationによる検索が用意されているが、既に検索対象をインドネシア商標に絞り込んでいる場合には不要と思われる。

FILTER BY(フィルター)
・Source(情報元):データを提供している特許庁が表示されている。
・Image(イメージ):文字のみの商標、図形のみの商標、両者の組み合わせ商標について絞り込み可能である。
・Type(種別)
・Status(ステータス):権利状態からの絞り込みが可能である。
・Origin(出願されている特許庁):
・App. Year(出願年):出願年による絞り込みが可能である。
・Expiration(権利満了):先月権利満了、来月権利満了、6か月以内に権利満了、来年権利満了という権利満了時期による絞り込みが可能である。

上記のほか、「Nice Cl.」、「Reg. Year」、「Image class」、「Holder」、「Holder Country」、「Designation」、のタブを表示させて絞り込むことも可能である。

(2) 例えば、緑の線で囲んである「SEARCH BY」「Brand」タブにFuzzy検索で「cartier」と入力し「Search」をクリックする。さらに、赤の線で囲んである「Source」「ID」を選択し、「filter」をクリックすると、関連度(Relevance)が高い順に検索結果が表示される(図15)。なお、検索結果をクリアしたい場合、青の線で囲んである「CURRENT SEARCH」の検索条件の右上「X」をクリックまたは、右下のごみ箱をクリックする。

図15 検索例

(3) 検索結果を確認したい商標の欄をクリックすると詳細情報が表示される(図16)。

図16 詳細情報

 詳細情報の項目は以下のとおり。なお、商標によって項目が変わることがある。

・Status(ステータス)
・Serial number of the application(出願番号)
・Date of filing of the application(出願日)
・Mark(標章)
・Reproduction of the mark where the mark is represented in standard characters(標章を標準文字で表現した標章の複製)
・Indication relating to the nature or kind of mark(標章の性質又は種類に関する表示)
・Name and address of the applicant(出願人の氏名及び住所)
・Name and address of the representative(代表者の氏名及び住所)
・The International Classification of Goods and Services for the Purposes of the Registration of Marks (Nice Classification) and the list of goods and services classified according thereto(標章の登録のための商品およびサービスの国際分類(ニース分類)および商品およびサービスのリストに基づく分類)
・Data relating to priority under the Paris Convention and other data relating to registration of the mark in the country of origin(パリ条約に基づく優先権に関するデータおよびその他の基礎出願国における標章の登録に関するデータ)

 Global Brand Databaseは、英語で検索可能であり、使いやすい検索機能も有するが、DGIPのデータベースと比較すると、収録商標件数が10%程度少ない。目的に応じて両者を使い分けるのが良いと考えられる。

台湾における特許関連番号フォーマット

 台湾における特許には出願番号、公開番号、登録番号等の各種番号が付与されるが、公開明細書や登録明細書、公開公報、登録公報等に記載される番号フォーマットと台湾経済部智慧財産局(台湾特許庁)が提供する専利(特許、意匠、実用新案)検索システムや欧州特許庁が提供するEspacenetの入力に用いられる番号フォーマットは異なっている。本稿では、台湾の特許番号体系および台湾経済部智慧財産局が提供する専利(特許、意匠、実用新案)検索システムや欧州特許庁が提供するEspacenetといった無料特許調査ツールの番号フォーマットの入力例を紹介する。

1.台湾における公報記載の特許関連番号
 台湾における公開特許公報および登録特許公報に記載される番号の一例を紹介する。

(1) 出願番号フォーマット
 台湾における出願番号フォーマットは、「年(台湾暦)2桁または3桁+出願種別数字1桁+連番数字5桁」となっている。台湾暦に1911を加えると西暦年となる。西暦2011年に台湾暦100年を迎えており、現在では「台湾暦(3桁)+出願種別数字1桁+連番数字5桁」となっている。

 出願種別数字が示す出願区別は以下のとおりである。
1:特許
2:実用新案
3:意匠

(2) 公開番号フォーマット
 台湾における公開番号フォーマットも出願番号と同じく年を含むが、台湾暦ではなく西暦であり、「西暦(4桁)+連番数字5桁」となっている。

(3) 公告番号フォーマット
 台湾では2004年6月30日まで公告公報が発行され、「連番数字6桁」(年は含まれていない)となっていた。

(4) 登録番号フォーマット
 「出願種別コード1文字+連番数字6桁」となっている。
 出願種別コードが示す出願区別は以下のとおりである。
I:特許 M:実用新案 D:意匠

 以下に公報上(公開公報:図1aから図2b、公告公報:図3aから図4b)の表記例を紹介する。

図1a 公開特許公報(發明公開公報)フロントページ (公開特許番号202222467)

図2a 公開特許明細書(發明専利説明書公開本)フロントページ(公開特許番号202222467)

[11]公開特許番号 202222467(緑線囲い)
[21]出願番号   109143236(赤線囲い)
[22]出願日    2020年12月8日(台湾暦109年)(青線囲い)

図1b 公開特許公報(發明公開公報)フロントページ (公開特許番号200834010)

[11]公開特許番号 200834010(丸囲い1)
[21]出願番号   096138312(丸囲い2)
[22]出願日    2007年10月12日(台湾暦96年)(丸囲い3)

図2b 公開特許明細書(發明専利説明書)フロントページ(公開特許番号200834010)

台湾暦100年以前の出願において、特許公開公報(中国語「發明公開公報」)では出願番号は「台湾暦(0を加えた3桁固定)+出願種別数字1桁+連番数字5桁」と表示(図1b)されるが、公開明細書(中国語「發明専利説明書」)では、「台湾暦(桁合わせ無)+出願種別数字1桁+連番数字5桁」で記載されている。また、出願日の記載については、特許公開公報では西暦が()で併記されるが、公開明細書には台湾暦のみが表示されているので、注意が必要である(図2b)。台湾暦100年以降の出願においては、特許公開公報と公開明細書の出願番号および出願日の記載に相違はない(図1a、図2a)。

図3a 登録公報(専利公報)フロントページ(登録番号I773003)

[11]登録番号 I773003(オレンジ線囲い) [45]公告日:2022年8月1日(台湾暦111年)
[21]出願番号 109143236(赤線囲い) [22]出願日:2020年12月8日(台湾暦109年)
[11]公開特許番号 202222467(緑線囲い) [43]公開日:2022年6月16日(台湾暦111年)

図4a 公告公報((發明専利説明書公告本)フロントページ(登録番号I773003)

図3b 登録公報(専利公報)フロントページ(登録番号I437190)

[11]登録番号 I437190(丸囲い1) [45]公告日:2014年5月11日(台湾暦103年)
[21]出願番号 096138312(丸囲い2) [22]出願日:2007年10月12日(台湾暦96年)
[11]公開特許番号 200834010(丸囲い3) [43]公開日:2008年8月16日(台湾暦97年)

図4b 公告公報(發明専利説明書公告本)フロントページ(登録番号I437190)

2.台湾経済部智慧財産局(台湾特許庁)特許検索システム(英語版)での検索
 台湾経済部智慧財産局が提供する特許検索システム(英語版)での検索手順を紹介する。

(1) 台湾経済部智慧財産局の英語版(https://www.tipo.gov.tw/en/mp-2.html)にアクセスし、画面を下にスクロールし、画面下部「Resources and Tools」の「Search」欄の赤線で囲んである「Patents」を選択(図5)すると、「中華民國專利資料檢索系統(Taiwan Patent Search System)」(https://twpat1.tipo.gov.tw/twpatc/twpatengkm?@@0.43558328250101286)に接続される(図6)。

図5 台湾経済部智慧財産局(英語版)トップページ

図6 「中華民國專利資料檢索系統(Taiwan Patent Search System)」トップページ

(2) 本稿では、簡易検索方法を紹介する。その他の検索方法については、「台湾における専利(特許/実用新案/意匠)公報の調べ方―台湾特許庁(TIPO)ウェブサイト」(https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/26842/)を参照されたい。例えば、緑線で囲んである「Any Field(すべての項目)」に登録番号「I437190」(番号の1文字目はアルファベットの「I」)と入力し、オレンジ線で囲んである「Search」をクリックする(図7)と、検索結果が表示される(図8)。なお、出願日が2010年(台湾暦99年)以前の出願番号を検索する際には台湾暦の前に”0”を補っても補わなくてもヒットする。

図7 検索例

図8 検索結果

(3) 図8の検索結果の緑線で囲んである登録番号をクリックすると出願詳細情報が表示される(図9)。オレンジ線で囲んである該当する文書をクリックすると「Patent Gazette」(前掲図3b)、「Patent Specifications」(前掲図4b)、「Published Applications Gazette」(前掲図1a)、「Published Application Specifications」(前掲図2b)が表示される。

図9 出願詳細情報1(登録番号I437190)

(4) 公開特許のレコードと登録特許のレコードもリンクしており(各公報発行後)、図9の青線で囲んである「Publication200834010」や「Granted1437190」(図10)と表示されるボタンをクリックすると各レコードを確認できる。

図10 出願詳細情報2(公開番号200834010)

(5) 図9の緑線で囲んである「E」をクリックすると、Espacenetのレコードに遷移し、出願詳細画面が表示される(図11)。台湾経済部智慧財産局の特許検索システムはEspacenetとリンクしているので、対応外国特許等を確認する際には便利である。

図11 出願詳細情報(Espacenet)

3.Espacenetでの検索
 Espacenetの「Advanced Search(詳細検索)」(https://worldwide.espacenet.com/advancedSearch)で検索する際の入力例を紹介する。

(1) 出願番号の検索
 Application number(出願番号)の項目に「国コード+西暦4桁(台湾暦+1911)+出願種別数字1桁+連番数字5桁」で入力する。先ほどの「I1437190」の出願番号は「096138312」(図10)なので、国コード「TW」+上3桁(096)に1911を加算した「2007」+「138312」である「TW2007138312」を「Application number」欄に入力し「Search」をクリックし、さらに検索結果である発明の名称「Light emitting diode lighting device」をクリックすると、図13が表示される。

図12 Advanced Search(詳細検索)での入力例(出願番号96138312)

図13 Espacenet出力例

 Espacenetでの出願番号および出願日は緑線で囲んでいる「Application number」の欄に示しているように西暦(台湾暦+1911)に変換されている(図13)。

(2) 公開特許番号および登録特許番号での検索
 Publication number(公報番号)の項目に公開特許番号の場合は「国コード+西暦(4桁)+連番数字5桁」番号、登録特許番号の場合は「国コード+出願種別コード1文字+連番数字6桁」で入力する

図14 Advanced Search(詳細検索)での入力例(公開特許番号200834010)

図15 Advanced Search(詳細検索)での入力例(登録特許番号I437190)

番号フォーマットまとめ

種別 明細書 公報 台湾経済部智慧財産局DB Espacenet
出願番号 96138312 096138312 096138312 TW2007138312
公開番号 200834010 200834010 200834010 TW200834010
登録番号 I437190 I437190 I437190 TWI437190

中国における特許関連番号フォーマット

 中国における特許には出願番号、公開番号、公告番号、登録番号等の各種番号が付与されるが、公開明細書や公告明細書、登録証等に記載される番号フォーマットと中国国家知識産権局が提供するデータベースや欧州特許庁が提供するEspacenetの入力に用いられる番号フォーマットは異なっている。本稿では、中国の特許番号体系および中国国家知識産権局が提供する中国专利公布公告や欧州特許庁が提供するEspacenetといった無料特許調査ツールの番号フォーマットの入力例を紹介する。

1.中国における公報記載の特許関連番号
 中国における公開特許公報および公告特許公報に記載される番号の一例を紹介する。

1-1. 出願番号フォーマット
 中国における出願番号フォーマットは、2003年10月(出願日)を境にして異なっている。
2003年9月30日以前の出願:
「西暦下2桁+出願種別数字1桁+連番数字5桁+チェックデジット(小数点+数字1桁)」、
2003年10月1日以降の出願:
「西暦4桁+出願種別数字1桁+連番数字7桁+チェックデジット(小数点+1桁)」
なお、登録番号は出願番号と同じであるが、出願番号の前に「ZL」の記号がつく。

 チェックデジットとは、いくつかの特許庁の出願番号等でも採用されているが、誤入力等の番号確認用の数字である。

 出願種別数字が示す出願区別は以下のとおりである。
1 特許
2 実用新案
3 意匠
8 PCTルート(特許) ※出願番号のみ
9 PCTルート(実用新案) ※出願番号のみ

1-2. 公開番号フォーマット
 中国における公開番号フォーマットは、2007年8月(発行日)を境にして異なっている。

2007年7月31日以前:
「国コード+出願種別数字1桁+連番数字6桁+A(公報種別コード)」
2007年8月1日以降:
「国コード+出願種別数字1桁+連番数字8桁+A(公報種別コード)」

1-3. 公告番号フォーマット
 中国における公告番号フォーマットは、2007年8月(発行日)を境にして異なっている。
2007年7月31日以前:
「国コード+出願種別数字1桁+連番数字5桁+C(公報種別コード)」
2007年8月1日以降:
「国コード+出願種別数字1桁+連番数字8桁+C(公報種別コード)」

 なお、2010年4月1日以降に発行の公告明細書については公開時の公開番号と同じ番号が付与されるようになり、以下のようになっている。
「国コード+出願種別数字1桁+連番数字8桁+B(公報種別コード)」

1-4. 登録番号フォーマット
 中国における登録番号フォーマットは、2003年10月(出願日)を境にして異なっている。
中国における登録番号は出願番号の前にZLが付く。
2003年9月30日以前の出願:
「ZL+西暦下2桁+連番数字5桁+チェックデジット(小数点+1桁)」
2003年10月1日以降の出願:
「ZL+西暦4桁+連番数字8桁+チェックデジット(小数点+1桁)」

 以下に公報上の表記例を紹介する

        図1. 公開明細書フロントページ CN1553856A

[11]公开号(公開特許番号) CN1553856A(丸囲い1)公開日:2004年12月8日
[21]申请号(出願番号)   02817576.X(丸囲い2)出願日:2002年9月10日

        図2. 公告明細書フロントページ CN100421926C

[11]授权公告号(公告番号)   CN100421926C(丸囲い1)公告日:2008年10月1日
[21]申请号(出願番号)     02817576.X(丸囲い2)出願日:2002年9月10日
专利号(登録番号)       ZL02817576.X(丸囲い3)

        図3. 公告明細書フロントページ CN102785420B

[10]授权公告号(公告番号)   CN102785420B(丸囲い1)公告日:2014年12月10日
[21]申请号(出願番号)     201210241091.9(丸囲い2)(遡及)出願日:2002年9月10日
[62]分案原申请数据(親出願番号)02817576.X(丸囲い3)(親)出願日:2002年9月10日

2.出願番号での検索

2-1. CNIPA中国专利公布公告での検索
 CNIPA中国专利公布公告(http://epub.cnipa.gov.cn/)での検索は、出願番号の「.」は取り除いて検索する。

        図4. 中国专利公布公告のフロントページ

 上記サイトにアクセスし、「事务查询」を選択する。

 図5. 出願番号(申请号)「201210241091.9」の入力例(「.」は取り除いて入力)

 詳細は、中国における専利(特許/実用新案/意匠)公報の調べ方―中国知識産権局(CNIPA)専利公布公告検索(https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/21159/)を参照願いたい。
 なお、以前の記事に記載していたCNIPA中国特許照会システム(http://cpquery.cnipa.gov.cn/)」は、現在日本から登録できない状況である。

2-2. Espacenetでの検索
 Espacenetの「Advanced Search(詳細検索)」(https://worldwide.espacenet.com/advancedSearch)では、番号の前に2桁の国コードを入力し、西暦4桁+出願種別数字1桁+番号(桁合わせなし)で検索しなければならず、2003年9月30日以前の出願については、西暦を4桁に合わせる必要がある(02で始まる番号であれば2002とする)。2003年10月1日以降の出願番号については、201210241091.9のチェックデジット(小数点+1桁)を入力せず、西暦4桁+出願種別数字1桁+番号(桁合わせ無)で検索する。

    図6. 2003年9月30日以前の出願番号(例:申请号02817576.X)の入力例
    (現在Espacenet上の出願番号がCN20028017576になっている)

    図7. 2003年9月30日以後の出願番号(例:申请号201210241091.9)の入力例

2-3. 出願番号フォーマットまとめ

申请号(出願番号) 中国专利公布公告 Espacenet
02817576.X 02817576X CN2002817576
201210241091.9 2012102410919 CN201210241091

3.公開番号および公告番号での検索

3-1. CNIPA中国专利公布公告での検索
 前述したように、詳細は紹介記事(中国における専利(特許/実用新案/意匠)公報の調べ方―中国知識産権局(CNIPA)専利公布公告検索、https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/21159/)を参照願いたい。以下、概略を説明する。

 CNIPA中国专利公布公告(http://epub.cnipa.gov.cn/)にアクセスし、「高级查询」を選択し、「公布(公告)号」の入力欄に授权公告号(公告番号)を入力し、「查询」をクリックする。
 CNIPA中国专利公布公告では公开号(公開特許番号)での検索はサポートされていない。

3-2. Espacenetでの検索
 前述したとおり、時期によって番号のフォーマットは異なるが、Espacenetでの検索時には公報の表記どおりに入力すれば検索可能である。

    図8. Espacenetでの公告番号入力例(例:授权公告号 CN100421926C)

 また、公开号(公開特許番号)(例:CN1553856A)、授权公告号(公告番号)(例:CN102785420B)での検索も、同様に「Publication number」欄に入力することにより対応している。

3-3. 公開番号、公告番号フォーマットまとめ

番号種別 中国国家知識産権局
明細書記載
中国专利公布公告 Espacenet
公开号
(公開番号)
CN1553856A CN1553856A
授权公告号
(公告番号)
CN100421926C CN10042192C CN100421926C
公开号
(公開番号)
CN102785420A CN10275420A
授权公告号
(公告番号)
CN102785420B CN102785420B CN102785420B

 この表に示すとおり、2010年4月1日以降に発行の公告明細書については公開時の公開番号と同じ番号が付与され、末尾の記号が異なるものになっている。

4.登録番号
 中国国家知識産権局では登録番号は「专利号」と表記され、出願番号の前に「ZL」の記号が付く。公告番号CN100421926Cの場合、出願番号は02817576.Xであり、登録番号はZL02817576.Xとなる。
 また、登録番号による検索はCNIPA中国专利公布公告でもEspacenetでもサポートされていない。