- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国における模倣品の拡散ルートについて

2014年03月13日

  • アジア
  • 統計
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
「模倣品海外拡散防止マニュアル」(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第二章では、中国における模倣品の拡散ルートについて紹介されている。具体的には、展示会(見本市)、インターネット、卸売問屋街での外国人買い付けバイヤー、電子メール等による売り込み、チャイナタウンでの販売が、模倣品が拡散するルートとして挙げられている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣品海外拡散防止マニュアル(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第二章

 

(目次)

第二章 模倣品の拡散ルート

一. 展示会(見本市)による模倣品の拡散 p.11

・ 中国の展示会情況 p.11

・ 中国の主要展示会の紹介 p.12

・ 展示会からの模倣品拡散イメージ p.13

・ 主要都市における展示会情況 p.14

・ 主な展示会の会場 p.15

・ 主要展示会の一例紹介 p.24

二. インターネットによる模倣品の拡散 p.28

・ インターネット上の被害状況 p.28

・ 中国のインターネット利用者情況 p.29

・ 模倣品拡散ルート p.30

・ 中国の電子商取引サイト p.31

・ 主要電子商取引サイトの一部紹介 p.32

・ インターネットショッピングサイトの性質の違い p.33

・ インターネットによる国際流通の実態 p.36

三. 外国人買い付けバイヤー p.37

・ 卸売問屋街の義烏 p.37

・ 義烏の「小商品市場」 p.38

・ 卸マーケットの一例 p.39

・ 義烏の外国人常駐バイヤー p.40

四. 電子メール等による売り込み p.41

・ 現地正規代理店への模倣品売り込み等 p.41

五. 海外での中国商品市場による拡散 p.42

・ チャイナタウンからの模倣品拡散 p.42

■ソース
・模倣品海外拡散防止マニュアル(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/0f59282c30ca06c273050408c531192d.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期
2013.12.28
■関連キーワード
6000   9700   CN-aq-6000   CN-bq-6000   CN-cq-6000   CN-dq-6000   CN-lq-9999   CN:中国   インターネット   インターネット利用者   チャイナタウン   中華人民共和国   入門者向け   外国人常駐バイヤー   外国人買い付けバイヤー   展示会   展示会会場   拡散ルート   模倣品   義烏   見本市   電子メール   電子商取引サイト  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.