- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

フィリピンにおける産業別特許出願動向(食品)

2018年11月06日

  • アジア
  • 統計
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
食品関連技術のフィリピンにおける特許出願動向を示す。食品関連技術のフィリピンにおける出願件数は、ほぼ横ばいであると考えられる。出願人の国別の構成比では、年ごとに変動があり、米国、欧州、日本からの出願が上位を占めるが、出願人別では、欧米、日本、韓国の企業他、フィリピン国内の大学や研究機関からの出願も上位を占める。
■詳細及び留意点

 食品関連技術のフィリピンにおける特許出願動向をPATENTSCOPEの収録データに基づき、集計した。

 

 食品関連技術に対応する国際分類として、A21D、A23、C12C、C12Gを選択した。集計期間は、出願年で2010年から2014年である。

 

 食品関連技術のフィリピンにおける特許出願件数の推移を図1に示す。

 

29PH15_1

図1: 食品関連技術のフィリピンにおける特許出願件数の推移(単位:件)

 

 内訳として、日本、米国、欧州、中国、韓国からの出願(基礎出願に基づく集計)の構成を表1に示す。       

表1: 食品関連技術のフィリピンにおける出願 国・地域別 構成比

29PH15_2

          (単位:%)

 

 なお、本記事の特許出願動向に関する図表データにおいて、PCT国内移行の時間差やデータベースの収録の遅れや欠落等により、データは、実際と異なる値となっている可能性がある。参考として、WIPOの集約する統計資料における、各年でのフィリピン特許庁が受付けた出願件数と、記事作成時点でのデータベースPATENTSCOPEの各年の収録レコード数を右縦軸に示す。

 

 食品関連技術のフィリピンにおける出願件数は、ほぼ横ばいと考えられる。構成比は、年ごとに変動があるが、米国、欧州、日本からの出願が上位を占めていることが分かる。なお、本集計は基礎出願に基づく集計であるため、優先権主張を伴わないPCT出願は各国に集計されない。したがって、実際は外国企業の出願であっても上記国別構成比に含まれないものもあると考えられる。

 

 2014年に出願された食品関連技術のフィリピンにおける出願件数の出願人ランキングを表2に示す。

 

表2: 食品関連技術のフィリピンにおける出願件数の出願人ランキング(2014)

29PH15_3

 

 食品関連技術のフィリピンにおける出願の上位はNestec社、MJN社、Abbott Laboratories社の欧米、日本、韓国の企業他、フィリピン国内の大学や研究機関からの出願である。

 

 2014年に出願されたフィリピンにおける食品関連技術の国内出願人の上位を表3に示す。

 

表3:フィリピンにおける食品関連技術の国内出願人の上位

29PH15_4

 

 2014年の食品関連技術のフィリピン特許出願において、国内出願人としては、フィリピン国内の大学や研究機関からの出願が多いが、一般企業として、Bewell Nutraceutical社から複数件の出願がなされている。

 

■ソース
PATENTSCOPE 
http://www.wipo.int/patentscope/en/ (収録データに基づき、作成者にて独自で集計)
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.03.09
■関連キーワード
PH-aq-1000   PH:フィリピン   入門者向け   出願件数   国内出願人   国籍   基礎出願   特許出願   食品  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.