- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける特許無効手続の現状

2018年07月10日

  • アジア
  • 統計
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
マレーシアでは、過去10年間に、少なくとも450-500件の特許訴訟が裁判所に提起されており、そのうちの約10%が特許無効に関係する訴訟である。マレーシアにおける特許無効に関係する訴訟について、特許無効訴訟としての提起(本訴)と、特許権侵害訴訟における反訴または抗弁としての特許無効の提起(反訴または抗弁)の割合、上訴率、訴訟を提起した当事者に関する統計データおよび注目の連邦裁判所判例を示す。

本稿では、マレーシアにおける特許無効手続の現状について、Shearn Delamore & Coのパートナー 弁護士 弁理士Zaraihan Shaari氏およびリーガルエグゼクティブのAnne NG Yuin Yuin氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Shearn Delamore & Co(マレーシア法律事務所)
Zaraihan Shaari
Anne NG Yuin Yuin
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.12.11
■関連キーワード
MY-aq-1000   MY-aq-4000   MY-aq-8300   MY:マレーシア   判例   実務者向け   特許付与統計   特許出願統計   特許無効   統計   訴訟   連邦裁判所  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.