- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

台湾における用途発明の特許権の効力範囲を踏まえた食品の保護

2017年06月29日

  • アジア
  • 統計
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
「用途発明の特許権の効力範囲を踏まえた食品の保護の在り方に関する調査研究報告書」(平成27年11月、知的財産研究所)Ⅶ-7では、台湾における用途発明の特許権の効力範囲を踏まえた食品の保護について、食品の用途発明に用いられるクレームの扱い、食品の用途発明に対して付与された特許権の効力が及ぶ範囲、食品の用途発明に関する記載要件、新規性、進歩性の判断基準、食品の機能表示制度等について解説されている。
■詳細及び留意点

 「用途発明の特許権の効力範囲を踏まえた食品の保護の在り方に関する調査研究報告書」(平成27年11月、知的財産研究所)Ⅶ-7

 

(目次)

Ⅶ 各国・地域における用途発明の取扱い

 7 台湾 P.67

  (1) 食品の用途発明に用いられるクレームの扱いについて P.67

  (2) 食品の用途発明に対して付与された特許権の効力が及ぶ範囲 P.69

   (i) 特許権の侵害となる行為について P.69

   (ii) 第三者による行為の想定例について P.70

  (3) 食品の用途発明に関する記載要件、新規性、進歩性の判断基準 P.71

  (4) 食品の機能表示制度について P.72

  (5) その他 P.73

   (i) 機能性食品の技術分野における特許権による保護に関する近年の議論、運用変更、法改正等について P.73

   (ii) 機能性食品の用途発明に関連した特許出願数について P.73

   (iii) 食品の機能性表示と特許権による保護の関係について P.74

 8 海外調査結果まとめ

  図表Ⅶ-4 各国における食品の用途発明について認められるクレーム P.76

  図表Ⅶ-5 各国における食品の用途発明に対して付与される特許権の効力範囲 P.78

■ソース
「用途発明の特許権の効力範囲を踏まえた食品の保護の在り方に関する調査研究報告書」(平成27年11月、知的財産研究所)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2017/04/ae17ab304e13d5acd1c3625260b74558.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.01.16
■関連キーワード
方法   組成物   TW-am-2300   TW-am-2400   医薬用途   TW-ao-2300   TW-ao-2400   TW-am-1000   直接侵害   TW:台湾   食品   効力範囲   第三者   機能性食品   スイスタイプクレーム   機能性表示   機能表示制度   TW-ao-1000   TW-ao-4300   専利審査基準   非医薬用途   間接権利侵害   侵害排除   健康安全食品管理法     クレーム   記載要件   統計   化合物   進歩性   特許権   侵害   専利法   新規性   TW-am-4300   損害賠償   用途クレーム   専利権   医薬品   使用   用途発明   判断基準  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.