- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国の知的財産権訴訟の現状 - 知的財産権白書の分析

2016年06月13日

  • アジア
  • 統計
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
近年、中国では、国家知的財産権戦略の実施に伴い、知的財産権の司法保護が顕著に強化されている。それに伴い、知的財産関連訴訟もますます増加の傾向をたどっている様子が2015年4月20日に中国最高人民法院が発行した「中国法院知的財産権司法保護状況(2014年)」(知的財産権白書)からも明らかである。

本稿では、2015年4月20日に中国最高人民法院により発行された白書「中国法院知的財産権司法保護状況(2014年)」の内容を踏まえ、中国の知的財産権訴訟の現状について、康信国際特許事務所(Kangxin Partners, P.C.)の呉孟秋氏、李慧氏が解説する。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
康信国際特許事務所(Kangxin Partners, P.C.) 弁理士 呉孟秋
康信国際特許事務所(Kangxin Partners, P.C.) 弁護士・弁理士 李慧
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.2.18
■関連キーワード
白書   民事事件   中華人民共和国   CN:中国   結審   行政事件   CN-lq-1200   技術調査官   受理   渉外事件   再審請求   司法補助役   中国裁判手続情報公開網   公開裁判   1000   9700   CN-lq-1000   実務者向け   知的財産法院   刑事事件   最高人民法院   CN-lq-8700   行政   刑事   民事  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.