- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける並行輸入【その1】

2015年10月06日

  • アジア
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
マレーシアでは、判例法上において、真正品の並行輸入は禁止されていないと考えられる。ただし、商標の登録権利者は他の地域での製造および販売を承認した製品についての処置を規制する権利を有しており、並行輸入の自由はかかる権利の制限を受ける可能性が高い。ただし、並行輸入を制限するために、商標権者が競争法第4条に反するか、競争法第10条に記載する市場での優勢な立場を濫用するような契約上の条件を課す場合、競争法規定適用の可能性があることに注意が必要である。

マレーシアにおける並行輸入について、SKRINE、パートナー弁理士であるKuek Pei Yee氏および弁護士であるSri Richgopinath氏が全2回のシリーズにて解説しており、本稿は、【その1】である。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
SKRINE パートナー弁理士 Kuek Pei Yee
SKRINE 弁護士 Sri Richgopinath
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.01.22
■関連キーワード
真正品   6000   8300   MY:マレーシア   一括適用免除   競争法   判例法   専門家   実務者向け   MY-dm-8300   MY-lm-9999   MY-dm-9999   並行輸入   侵害   ライセンス   商標  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.