- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ブラジルにおけるブラジル国家衛生監督局(ANVISA)に関する判例

2015年10月27日

  • 中南米
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
ブラジルの製薬業界でビジネスを行う誰もが、ブラジル国家衛生監督局(Agência Nacional de Vigilância Sanitária : ANVISA)に対して、審査遅延による滞貨、連邦法の適用に際してANVISA独自の見解をする等の問題に直面する。近年の判決において、裁判所はANVISAによる法令や裁判所命令に違反した行動に対して、厳しい姿勢を打ち出している。ブラジルで製薬ビジネスを行う企業にとって、ANVISAに対する行政訴訟の提起が有効な手段の一つである。

本稿では、ブラジルにおけるブラジル国家衛生監督局(ANVISA)に関する判例について、
Licks Attorneys パートナー弁護士 Eduardo Hallak氏、アソシエート弁護士 Roberto Rodrigues氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Licks Attorneys パートナー弁護士 Eduardo Hallak
Licks Attorneys アソシエート弁護士 Roberto Rodrigues
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.02.09
■関連キーワード
8300   ANVISA   BR-am-8300   BR-am-9999   BR-lm-8300   BR-lm-9999   BR:ブラジル   GMP   ブラジル国家衛生監督局   停止命令   優良製造所基準   国家衛生監督局   専門家   製造承認  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.