国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 審決例・判例 その他 中国における不正競争・営業秘密判例・事例

アジア / 審決例・判例


中国における不正競争・営業秘密判例・事例

2015年03月31日

  • アジア
  • 審決例・判例
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「中国の知的財産権侵害判例・事例集」(2014年3月、日本貿易振興機構)不正競争・営業秘密では、中国における不正競争・営業秘密に係る判例に関して、事件名、争点、書誌的事項、事実関係及び判決内容等の事件の概要等に加えて、解説及び企業へのメッセージが紹介されている。
■詳細及び留意点

中国の知的財産権侵害判例・事例集(2014年3月、日本貿易振興機構)不正競争・営業秘密

 

(目次)

不正競争・営業秘密 P.66

 17 営業秘密の一部が公開された場合でも全体的に非公知性が認められ、営業秘密に触れる機会があった元幹部の退職後の類似商品の競争行為が営業秘密侵害とされた事件 P.66

 18 2012 年民事訴訟法改正で登場した行為保全制度の実務上の適用例としての営業秘密保全事件 P.71

 19 ドメインの登録について、商標権侵害と企業名称侵害は否定されたが、不正競争防止法違反とされた事件 P.73

 20.有名タレントの氏名のローマ字表記をドメイン名として登録した第三者の行為が、不正競争行為であると認定された事件 P.77

■ソース
中国の知的財産権侵害判例・事例集(2014年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2015/03/7710d2f3efa7943378029f4eab8a39e5.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.10.14

■関連キーワード