- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

シンガポールにおける昨今の法執行事例

2013年12月17日

  • アジア
  • 審決例・判例
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
「アセアン・インド知財保護ハンドブック」(2013年3月、日本貿易振興機構)第4章5では、シンガポールにおける商標権及び著作権に係る法執行の事例として、周知商標についての事例2件と、著作権の事例1件を紹介している。周知商標の1例目は周知性を認めたが、2例目は立証不足を指摘し、周知性を認めなかった。著作権の事例は、公衆の利益と著作権保護とのバランスの観点から判断を下した最高裁判決である。
■詳細及び留意点

 【詳細】

 アセアン・インド知財保護ハンドブック(2013年3月、日本貿易振興機構)第4章5

 

(目次)

第4章 成功事例に学ぼう

トピック別 昨今の法執行事例

 5 シンガポール p.86

  事例1(周知商標) p.86

  事例2(周知商標) p.86

  事例3(公衆の利益と著作権保護とのバランス) p.87

■ソース
・ アセアン・インド知財保護ハンドブック(2013年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/11/c07cb51fd03e1c53f1ca0265ea9a0275.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 清水利明
■本文書の作成時期
2013.10.06
■関連キーワード
裁判例   8300   SG:シンガポール   実務者向け   SG-fm-8320   公衆の利益   周知性   SG-dm-8320   異議申立て   侵害   審決   著作権   商標  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.