新着情報

ホーム 新着情報
  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    • 商標
    中国審判件数

    (本記事は、2017/10/12に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/14097/

    中国における各知的財産権に関する審判件数の推移を示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    中国における特許、実用新案の出願の多い技術分野

    (本記事は、2019/1/29に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/16458/

    中国における特許、実用新案の出願件数の多い技術分野上位20位の推移を示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    中国における専利(特許、実用新案、意匠)出願の多い国外企業

    (本記事は、2017/10/17に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/14099/

    中国における専利の出願件数の多い国外企業上位10位の推移を示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    中国における専利(特許、実用新案、意匠)出願の多い中国国内企業

    (本記事は、2017/11/9に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/14227/

    中国における専利の出願件数の多い中国国内企業上位10位の推移を示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    • 商標
    中国登録件数の多い国

    (本記事は、2017/10/19に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/14105/

    中国における各知的財産権の登録件数の多い国上位10位の推移を示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    • 商標
    中国出願件数の多い国

    (本記事は、2017/10/19に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/14103/

    中国における各知的財産権の出願件数の多い国上位10位の推移を示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    • 商標
    中国登録件数

    (本記事は、2017/10/24に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/14107/

    中国における各知的財産権の登録件数の推移について示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 統計
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    • 商標
    中国出願件数

    (本記事は、2017/10/24に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/statistics/14111/

    中国における各知的財産権の出願件数の推移について示す。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    • 商標
    • その他
    台湾の知的財産関連機関・サイト

    (本記事は、2020/11/26に更新しています。)
     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/application/19584/

    台湾の知的財産と関連する公的機関について、各機関の説明とサイトのURLを示す。知的財産に関する各種情報や法律・規則・ガイドラインに関する情報を入手することができる。

  • 2012.07.31

    • アジア
    • 出願実務
    • 商標
    台湾における商標出願制度の概要

    商標出願手続は、一般的に、方式審査、実体審査、登録査定、公告の順で進められる。なお、公告日から3ヶ月以内であれば、誰でも異議申立をすることができる。