- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドネシアにおける商標の使用

2015年10月13日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
インドネシアでは、登録商標が登録後3年間継続して使用されなかった場合、かかる商標は不使用による取消処分を受ける恐れがある。商標権者はこのような不使用取消のリスクを回避するため、「商標の使用」の定義を十分に理解し、自らの登録商標の使用を裏付ける有効な証拠を収集し、提出できるようにしなければならない。

本稿では、インドネシアにおける商標の使用について、Tilleke & Gibbins International Ltd. インドネシア・オフィス代表 Somboon Earterasarun氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Tilleke & Gibbins International Ltd. (Indonesia) 
  インドネシア・オフィス代表  Somboon Earterasarun
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.03.06
■関連キーワード
3100   3300   5100   ID-dm-5100   ID-dm-9999   ID:インドネシア   サービス   ライセンサー   ライセンシー   ライセンス契約   不使用取消   使用宣誓書   商品   商標の使用   実務者向け   専門家   証拠  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.