国別・地域別情報

アジア / ライセンス・活用 | その他参考情報


台湾における警告状の発送

2014年08月08日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「台湾模倣対策マニュアル」(2013年3月、交流協会)三、(五)では、台湾において知的財産権が侵害された場合の警告状に関して、警告状が故意の立証や交渉の契機になる効果に触れた上で、発送前の準備、警告状の形式及び発送方法、警告状に最低限記載すべき内容について説明されている。
■詳細及び留意点

 台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)三、(五)

 

(目次)

三、知的財産権の保護(模倣品対策)

  (五) 警告状の発送 p.202

    1. 発送前の準備 p.202

    2. 警告状の形式及び発送方法 p.204

    3. 警告状の内容 p.204

■ソース
・台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/04/0d1e0fd42d11387954fa441d14115e49.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 清水利明
■本文書の作成時期

2013.12.22

■関連キーワード