国別・地域別情報

アジア / ライセンス・活用 | その他参考情報


台湾税関における水際措置

2014年07月01日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
(本記事は、2018/3/8に更新しています。)
 URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/judgment/14619/

「台湾模倣対策マニュアル」(2013年3月、交流協会)三、(一)では、台湾税関における水際措置、具体的には、登録制度と必要書類、侵害疑義物品の輸出入差止め手続について、表やフローチャートを用いて説明されている。
■詳細及び留意点

台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)三、(一)

 

(目次)

三、知的財産権の保護(模倣品対策)

(一) 税関による水際措置 p.155

1. 税関の登録制度 p.156

2. 税関の登録制度による侵害疑義物品の輸出入差止め手続き p.157

3. 税関登録による商標権・著作権侵害疑義物品輸出入差止め手続きのフローチャー

ト p.159

■ソース
・台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/06/0d1e0fd42d11387954fa441d14115e49.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 清水利明
■本文書の作成時期

2013.12.22

■関連キーワード