国別・地域別情報

アジア / ライセンス・活用 | その他参考情報


模倣品対策の実行についての相談サンプル

2014年02月10日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル 韓国編」(2012年3月、日本貿易振興機構)第I編第3章≪模倣品対策の実行≫では、模倣品対策の実行について、Q&A形式で紹介されている。具体的には、警告状送付、侵害差止請求及び仮処分申請、損害賠償請求、刑事告訴、貿易委員会への不公正貿易行為調査申請、税関への通関保留の申請といった模倣品への措置について解説されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル 韓国編(2012年3月、日本貿易振興機構)第I編第3章≪模倣品対策の実行≫

 

(目次)

第I編 模倣対策へのガイダンス

 第3章 模倣対策相談サンプル集

  ≪模倣品対策の実行≫ p.13

相談8. 模倣品が大量に出回っていて、自社製品の売上げが大幅に落ちてしまいました。どんな対策をとれるのでしょうか。 p.13

相談9. 模倣品が出回ってはいるのですが、韓国市場はまだまだ小さく費用をかけられません。何か対策はあるでしょうか。 p.4

相談10. 模倣品がある程度出回っても仕方がないと思うのですが、日本への流入だけは防ぎたいのです。 p.14

相談11. 日本の税関で行っている水際措置(国境措置)のようなものは韓国税関にもあるのですか。 p.15

相談12. 侵害者に何らかの法的措置をとった場合、当方にリスクはないのでしょうか。 p.15

相談13. 数年前から模倣品が出回っていることは知っていましたが、いろいろな事情で直ぐには手を打つことができませんでした。今からでも対応できるのでしょうか。今まで黙認していたことが不利益になりませんか。 p.16

相談14. インターネットで模倣品が売られているようです。これを防ぐ方法はありますか。 p.17

相談15. ゲームやビデオの不法複製には、どのように対応していけばよいでしょうか。 p.18

相談16. 模倣品の対応に裁判も辞さない覚悟です。裁判手続きは日本と比べてどうなるでしょうか。 p.18

相談17. 並行輸入品が韓国市場に流入して当社の製品・商品の売上げに打撃を与えているようです。韓国では並行輸入品を抑制する方法はあるのでしょうか。 p.19

相談18. 模倣品の取締りをしたいのですが、色々な方法がありすぎてよく分かりません。どのような違いがあってどのように進めればいいのでしょうか。 p.19

 

[付録5] 税関への商標権申告書様式 p.330

■ソース
・模倣対策マニュアル 韓国編(2012年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/212108ecfee17c8eafe970da4853e2b7.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.12.13

■関連キーワード