- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける営業秘密の保護

2013年09月20日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • その他

印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル マレーシア編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第2章第5節では、マレーシアにおける営業秘密の保護について紹介されている。同国には、営業秘密を保護する一般的な法は存在しないが、機密保持義務違反に対するコモンローや契約によって保護される。営業秘密とは、機密営業情報、つまり、事業の成功、発展及び良好な状態の基本となる情報を意味しており、これには製法、方法、技術、製造費用、顧客リスト、事業計画等が含まれる。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)第2章第5節

 

(目次)

第2章 マレーシアにおける知的財産権の取得方法

第5節 営業秘密の保護 p.209

 I.はじめに p.209

 II. 営業秘密の保護 p.209

 III. 雇用契約における機密情報 p.210

 IV. 忠実及び誠実の義務の範囲 p.210

 V. 雇用契約における競業避止条項 p.211

 V. 契約違反及び機密保持義務違反 p.212

 VI. 機密保持条項の例 p.212

 VII. 従業員による機密保持義務違反発生時の使用者への救済措置 p.214

  A. 差止命令 p.214

  B. 損害賠償 p.214

  C. アントン・ピラー命令 p.214

  D. 引渡し p.214

  E. 不当利得の返還 p.214

■ソース
・模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/77fdc37d8ef122e0cfbe833538551e68.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期
2013.08.23
■関連キーワード
4300   5100   8200   MY-aq-5100   MY-aq-5140   MY-lq-4320   MY-lq-4330   MY-lq-5140   MY:マレーシア   アントン・ピラー命令   不当利得   使用者   保護   入門者向け   営業秘密   契約違反   差止命令   引渡し   従業員   損害賠償   救済措置   機密保持条項   機密保持義務違反   機密情報   競業避止条項   義務の範囲   雇用契約  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.