- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

香港における技術ライセンス契約

2018年08月09日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
香港では、技術ライセンス契約は契約当事者間で自由に締結できる。特許や意匠などだけでなく、ノウハウも技術ライセンス契約の対象となる。特許権、実用新案権、意匠権、および商標権に関するライセンス契約は、香港知的財産局(IPD)の登録簿に登録することができる。一方、著作権およびノウハウに関するライセンス契約を登録する仕組みはない。技術ライセンスの契約書には、ライセンスの対象、存続期間、適用地域、両当事者の義務、契約終了後の取り決めを明記すべきである。

本稿では、香港における技術ライセンス契約について、Vivien Chan & Co.(香港総合法律事務所)のシニアパートナー弁護士、Ms. Vivien Chanが解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Vivien Chan & Co.  (香港総合法律事務所)
Vivien Chan
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.02.09
■関連キーワード
HK-lm-5100   HK:香港   ノウハウ   実務者向け   実施許諾   技術ライセンス契約   排他的ライセンス   準排他的ライセンス   第三者対抗要件   非排他的ライセンス  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.