- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国における職務発明条例(草案)と科学技術成果転化促進法(改正)の解説

2016年04月13日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠

印刷する

■概要
中国において、修正が重ねられてきた職務発明規程(草案)が2015年中国国務院に提出されたが、その公布・施行の時期は未だ不明である。一方、2015年に改正され、同年10月1日に施行された「科学技術成果転化促進法」には、科学技術成果の実施に関し、職務発明条例(草案)と同様な趣旨の規定が設けられている。

本稿では、中国における職務発明条例(草案)と科学技術成果転化促進法(改正)について、天達共和法律事務所 張青華 弁護士が解説している。
■詳細及び留意点

【詳細及び留意点】

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
天達共和法律事務所 弁護士 張青華
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.01.25
■関連キーワード
2b00   9900   CN-am-2b00   CN-am-9999   CN-ln-2b00   CN-ln-9999   CN:中国   イノベーション   営業利益   国有資産   報奨   報酬   奨励金   実務者向け   専門家   研究開発機関   科学成果   科学技術者   職務発明条例   職務発明者   職務発明規定   転化促進法  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.