- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

韓国における冒認商標登録後の先使用商標の使用可能性

2015年01月05日

  • アジア
  • 法令等
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
「韓国冒認商標対応マニュアル」(2014年3月、ジェトロソウル事務所)第4章では、韓国における冒認商標登録後の先使用商標の使用可能性について、先使用による商標を継続して使用する権利、冒認商標による商標権主張が民法の原則上の権利濫用に該当すると認められる場合等について、判例を交えて説明されている。
■詳細及び留意点

韓国冒認商標対応マニュアル(2014年3月、ジェトロソウル事務所)第4章   (目次) 第4章 冒認商標登録後の先使用商標の使用可能性 P.111 第1節 先使用による商標を継続して使用する権利 P.111 第2節 権利濫用 P.112 2.1 商標の登録無効事由が明白に存在している状況において商標権を行使する場合 P.112 2.2 不正競争行為に該当する場合 P.114 2.3 信義則に反する商標権の行使 P.115

■ソース
韓国冒認商標対応マニュアル(2014年3月、ジェトロソウル事務所)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/12/c8636b86a9eeb952df3d48b221686608.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2014.10.24
■関連キーワード
4300   8300   KR-dm-4300   KR-dm-8300   KR-dm-9999   KR:韓国   不正競争行為   信義則   先使用商標   冒認商標   周知商標   周知性   大韓民国   差止   損害賠償   権利濫用   無効事由  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.