国別・地域別情報

アジア / 法令等 | 統計 | その他参考情報


中国における模倣品の現状

2013年12月03日

  • アジア
  • 法令等
  • 統計
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル 中国編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第1章第1節では、中国における模倣品・海賊版の現状、専利(特許/実用新案/意匠)・商標・著作権の侵害に関する統計や侵害の特徴が紹介されている。「司法上の重要トピックにかかる法令・事例に関する調査報告書~巧妙な模倣行為に関する事例分析調査~」(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第1章では、巧妙化する模倣行為や商標法や不正競争防止法の改正による対応等について紹介されており、「模倣品海外拡散防止マニュアル」(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第一章では、中国で模倣品が絶えない背景や模倣品被害状況・中国から海外への模倣品拡散状況等が説明されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)第1章第1節

 

(目次)

第1章 模倣品現状と対策概要 p.6

第1節 中国における模倣品現状 p.6

 1. 専利権侵害の模倣品の現状 p.6

 2. 商標権侵害の模倣品の現状 p.7

 3. 著作権侵害の現状 p.8

 

 司法上の重要トピックにかかる法令・事例に関する調査報告書~巧妙な模倣行為に関する事例分析調査~(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第1章

 

(目次)

第1章 模倣行為巧妙化の背景、現状 p.1

1.模倣品問題の現状 p.1

(1)模倣行為の巧妙化とは p.1

(2)模倣品の流通・被害状況 p.3

(3)権利者による対策の状況 p.5

2.巧妙化の現状 p.9

(1)巧妙化の要因 p.9

(2)巧妙化手口の分類、遭遇率に関する既存データ p.12

(3)関係法令の改正状況 p.15

3.本報告で扱う巧妙化手口の分類 p.24

(1)分類と内容 p.24

(2)全体像(典型例) p.27

 

 模倣品海外拡散防止マニュアル(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第一章

 

(目次)

第一章 背景説明 p.1

一. 中国の模倣品問題 p.1

・ 模倣品問題の顕著化 p.1

・ 海外税関での差止め情況 p.2

・ 中国の山寨文化 p.3

・ 模倣品による被害 p.4

・ 企業へのダメージ p.5

・ 中国の法制度 p.6

・ 模倣品の存続要素 p.7

二. 中国から海外への模倣品の拡散状況の紹介 p.8

・ 模倣品被害地としての中国 p.8

・ 中国からの模倣品拡散 p.9

三. 模倣品の海外拡散 p.10

・ 模倣品の世界拡散イメージ p.10

■ソース
・模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/1b48f661f1dfa86022e02a8ee91555dd.pdf ・司法上の重要トピックにかかる法令・事例に関する調査報告書~巧妙な模倣行為に関する事例分析調査~(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/dc84396332bc8308982ab6b44e91bada.pdf ・模倣品海外拡散防止マニュアル(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/0f59282c30ca06c273050408c531192d.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.10.23

■関連キーワード