- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける集積回路の回路配置

2013年09月20日

  • アジア
  • 法令等
  • その他参考情報
  • その他

印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル マレーシア編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第2章第7節IIIでは、マレーシアにおける集積回路の回路配置の保護について説明されている。2000年集積回路配置法により保護される集積回路の回路配置は、独創性等、3つの要件を満たす必要がある。保護期間は、回路配置がマレーシア国内又はそれ以外で初めて商用利用された時から10年間であるが、当該回路配置が創作された日から15年が経過したときに消滅する。保護を受ける資格を有する者には、マレーシア国民又はマレーシアの居住者、マレーシアで設立された法人、WTO(世界貿易機関)加盟国に住所を有する自然人又は法人が含まれる。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)第2章第7節III

 

(目次)

第2章 マレーシアにおける知的財産権の取得方法

第7節 その他の知的財産

 III. 集積回路の回路配置 p.234

■ソース
・模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/77fdc37d8ef122e0cfbe833538551e68.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期
2013.08.24
■関連キーワード
9900   MY-hm-9999   MY:マレーシア   保護期間   入門者向け   創作   商標利用   回路配置   消滅   集積回路   集積回路配置法  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.