- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイ著作権法改正案について

2022年06月21日

  • アジア
  • 法令等
  • 制度動向
  • その他

印刷する

■概要
タイでは2015年の著作権法改正により、技術的保護手段(Technological Protection Measure,TPM)および現行著作権法第32/3条で規定するノーティス・アンド・テイクダウンを含む権利管理条項が導入されて以来、エンフォースメントにおける遅延問題が実務上多く発生している。このため、オンライン活動の著作権エンフォースメントに関する著作権法を改正する試みが2016年から今日まで続けられている。本稿では、2021年末に下院を通過した最終改正案の主要内容について説明する。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
S&I International Bangkok Office Co., Ltd. タイ国弁護士・特許代理人 YINGLUCK KRAIRIKSH、日本国弁理士 井口 雅文
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2022.02.01
■関連キーワード
アクセス   TH-fm-9900   無効化   TH:タイ   技術的保護手段   実務者向け   技術的手段   著作権者   期間   コンピュータ   権利   著作物   データ   著作権法   保護   写真   技術   サービス   プロバイダ   改正   侵害   著作権   手続  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.