- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドにおける特許発明の国内実施報告制度とその実務

2022年03月10日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
インドの特許法は、特許発明の商業的実施状況を定期的に報告することを特許権者および実施権者に義務付けている。インドにおける特許発明の適正かつ速やかな実施を促すための制度である。報告義務違反は罰則の対象になり、不実施は強制実施権付与の理由になる。知的財産庁は、提出された実施状況に関する情報を公開することができる。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
株式会社サンガムIP、バパット・ヴィニット (Bapat Vinit)、代表取締役
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2021.11.08
■関連キーワード
罰則   実施報告義務   不実施   禁固   IN:インド   排他的実施権   実務者向け   実施権者   実施報告   特許権者   強制実施権   罰金   通常実施権   専用実施権   IN-an-9999   IN-am-9999   取消  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.