- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

シンガポールにおける冒認商標出願の実態調査

2021年09月30日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 審決例・判例
  • 商標

印刷する

■概要
「ASEAN主要国における冒認商標出願の実態調査」(2020年3月、日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所知的財産部)では、シンガポールにおける商標出願制度、関連する法律および規則、冒認商標出願の取り扱いの実態について紹介している。また、日本企業と関係する冒認出願に対する異議申立の知的財産権庁の決定を紹介している。
■詳細及び留意点

 「ASEAN主要国における冒認商標出願の実態調査」(2020年3月、日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所知的財産部)

(目次)
第2章 各国の冒認出願に対する制度
V. シンガポール P.37
(所管庁の概要、商標出願手続および異議申立手続(フローチャートあり)、無効請求手続について関連する法律に基づいて紹介している。シンガポールにおいて、冒認出願について商標法に規定があるが、明確に立証されない限り審査段階では拒絶されない。異議申立または無効請求で判断されることが一般的である。)

第3章 各国における冒認出願事例
V. シンガポール P.122
(日本企業と関係する5件の異議申立での知的財産権庁の決定の概要を紹介している。)

第4章 各国における冒認出願を防止するための事前的手段
V. シンガポール P.152
(具体的な対策(自己の商標について数多くのカテゴリーおよびその下位のカテゴリーへの早期の出願、冒認出願の監視)について紹介している。)

第5章 各国における冒認出願に対する事後的手段
V. シンガポール P.167
(法的手段(異議申立または無効の請求)、実務上の留意点(委任状の実務上の必要性、費用の相場、証拠収集の方法等)について紹介している。)

■ソース
「ASEAN主要国における冒認商標出願の実態調査」(2020年3月、日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所知的財産部)(https://www.jpo.go.jp/news/kokusai/mohohin/document/manual/asean02.pdf
■本文書の作成者
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2021.07.26
■関連キーワード
SG-dm-2440   シンガポール知的財産権庁   SG:シンガポール   商務裁判所   ヒアリング   入門者向け   SG-dm-3400   立証   SG-dm-2200   SG-dm-4000   SG-dm-8300   SG-dm-2001   拒絶理由   冒認   異議申立   取消   商標  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.