- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドネシアにおける旧法下での未納特許年金問題

2020年05月07日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
日本を含む多くの国では、特許登録後、年金を支払わない場合には、自動的に特許権が維持されなくなる。一方、インドネシアにおいては、2016年の特許法改正前は、年金を支払わない場合でも、未納から3年間は特許権が存続し、年金支払義務が発生していた。しかも、3年の未納により特許権が消滅した後も、この3年分の年金支払義務は残り、未納の場合には支払督促状が送達されていた。また、未納の場合、同出願人からの新規の特許出願は処理されなかった。なお、現在は、法改正によりこの問題は解決されている。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

 

■本文書の作成者
TMI総合法律事務所    弁理士 白石真琴
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2020.02.28
■関連キーワード
特許権   年金   実務者向け   ID-am-2200   ID:インドネシア  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.