- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける特許出願制度概要

2019年08月22日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
マレーシアにおける特許出願手続は、主に(1)出願、(2)方式審査(予備審査)、(3)出願公開、(4)審査請求および審査(審査請求には2種類あり、後述する。)、(5)登録の手順で進められる。特許権は設定の登録日から発生し、特許権の存続期間は出願日から20年である。マレーシアにおける特許出願制度では、2種類の審査請求(すなわち通常の実体審査請求と修正実体審査請求)が存在する点が一つの特徴となっている。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
創英国際特許法律事務所 エキスパート 弁理士 安田亮輔
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2018.10.15
■関連キーワード
MY-am-2001   MY-an-2001   MY:マレーシア   入門者向け   出願制度   審査   手続   特許  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.