- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ラオスにおける商標出願制度概要

2019年07月18日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 商標

印刷する

■概要
ラオスにおける商標出願の手続は主に、出願、方式審査、出願公開、実体審査、登録の順に進行する。また、商標権の存続期間は、ラオスにおける登録日から10年であるが、存続期間は、何度でも更新することができ、各更新期間は10年である。ラオスにおける知的財産制度の整備状況は、他のASEAN加盟国と比較してまだ初期段階であるが、最近はマドリッド協定議定書への加盟等、効率的な商標登録が可能となってきている。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Tilleke&Gibbins International Ltd. 日本国弁理士 大竹徳成
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2018.11.07
■関連キーワード
手続   審査   商標   入門者向け   LA:ラオス   出願制度   LA-dm-2001   LA-dn-2001  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.