国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 法令等 | 出願実務 商標 インドにおける商標出願制度概要

アジア / 法令等 | 出願実務


インドにおける商標出願制度概要

2019年07月09日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 商標

このコンテンツを印刷する

■概要
インドにおける商標出願制度での出願人の要件、所轄庁、商標の種類、商標出願の種類、出願に必要な書類、出願の流れ、審査、審判等を紹介する。インドの商標権の存続期間は登録日から10年であり、更新手数料を納付することにより、10年ごとに半永久的に延長できる。更新手続は、存続期間が満了する前の1年間に行うことができる。商標登録が抹消されても存続期間満了後1年間は回復できるが、満了後1年以上経過すると回復できなくなる。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
株式会社サンガムIP 代表取締役 バパット・ヴィニット
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期

2018.10.05

■関連キーワード