- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ミャンマー知的財産権制度の最新状況

2019年06月18日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
2017年7月にミャンマー新知的財産法案(商標法案、著作権法案、意匠法案、特許法案)が議会に提出され、新知財法案の成立、施行への期待が高まっている。本稿では、1)新知財法案の成立、施行時期の見込み、2)新知財法案の骨子、3)登記法から新商標法への「商標移行措置」、4)新知財法案の成立に伴い日系企業・団体が準備しておくべきことについて解説する。現在ミャンマーにおいて登記法に基づき商標を登記済みの権利者は、商標法施行後に再度商標出願する必要がある点に留意されたい。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

(編集部注:なお、ミャンマーで施行予定の商標法および意匠法につき、法文の日本語参考訳が以下のウェブサイトで公開されている。
https://www.jpo.go.jp/system/laws/gaikoku/mokuji.html

■本文書の作成者
秋山国際特許商標事務所 日本弁理士 石川勇介
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2019.2.1
■関連キーワード
MM-am-2001   MM-cm-2001   MM-dm-2001   MM-fm-2001   MM:ミャンマー   入門者向け   商標法   意匠法   特許法   登記法   移行措置   著作権法  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.