- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイにおける商標の重要判例

2018年09月06日

  • アジア
  • 法令等
  • 審決例・判例
  • 商標

印刷する

■概要
タイは、主として大陸法の国である。登録官、商標委員会または裁判官は、法律上、最高裁判所の先例に拘束されず、これらを完全に無視することも自由である。登録官および商標委員会が、最高裁の先例を無視することは珍しくない。とはいえ、最高裁判所の判決は無視できない重要な意味を持っており、争点が同一または極めて類似の場合には、下級裁判所は最高裁の先例に従う傾向があるため、注意が必要である。

本稿では、タイにおける商標の重要判例について、Satyapon & Partners Ltd.の弁理士Sukhprem Sachdecha氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Satyapon & Partners Ltd.
Sukhprem Sachdecha
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.01.16
■関連キーワード
TH-dm-8300   TH:タイ   ディスクレーマー   不法行為   並行輸入   刑法   商標委員会   商標権侵害   商標権侵害訴訟   国際消尽   国際消尽の原則   地理的名称   実務者向け   権利不要求   真正商品   記述的   識別性  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.