- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイにおける共同特許出願および共有特許権に関する留意事項

2018年05月31日

  • アジア
  • 法令等
  • 特許・実用新案
  • 意匠

印刷する

■概要
特許法に基づき、特許出願は複数の者によって共同ですることができる。また、特許権の共有者は別段の合意がない限り特許権を自由に行使する権利を有する。ただし、全ての共有者の権利を守るため、いくつかの例外が設けられている。すなわち、特許権の移転、ライセンス供与、放棄またはクレームの取消が行われる場合には、全共有者の同意が義務づけられている。

本稿では、タイにおける共同特許出願および共有特許権に関する留意事項について、CHAVALIT & ASSOCIATES 事務所 弁理士 Kallayarat Chinsrivongkul氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
CHAVALIT & ASSOCIATES LIMITED
Kallayarat Chinsrivongkul
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.01.10
■関連キーワード
TH-am-2001   TH-am-2b00   TH-am-4000   TH-am-4300   TH-am-5100   TH-aq-4000   TH:タイ   ライセンス   侵害訴訟   共同特許出願   共同発明者   共同研究   共有   共有特許権   取消   同意   実務者向け   放棄   権利行使   譲渡  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.