- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

韓国におけるマドリッド協定議定書に基づく商標出願と直接出願の動向

2018年05月17日

  • アジア
  • 法令等
  • 統計
  • 出願実務
  • 制度動向
  • 商標

印刷する

■概要
マドリッド国際出願で韓国を指定国とした場合は、韓国に商標出願したものとみて、韓国商標法上のマドリッド国際出願特例規定が適用される。このような特例規定には、直接出願と比較して一部利用できない制度がある。現況としては、日本国籍の出願人が韓国に商標出願した件のうち、マドリッド国際出願を利用する比率が若干増加しているが、直接出願を利用する数がより多い。

本稿では、韓国におけるマドリッド協定議定書に基づく商標出願と直接出願の動向について、金・張法律事務所(Kim & Chang)の弁理士、徐蓮珠氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
金・張法律事務所(Kim & Chang)
弁理士 徐蓮珠
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.12.21
■関連キーワード
KR-dm-2001   KR:韓国   WIPO   セントラルアタック   マドリッド協定議定書   マドリッド国際出願   世界知的所有権機関   事後指定   優先審査申請   分割   商品類変更   国際事務局   基礎出願   基礎登録   実務者向け   手続継続申請   指定商品追加登録出願   指定国   特例規定   登録料分納   直接出願   補正  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.