- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドネシアにおける並行輸入の原則と例外

2018年04月19日

  • アジア
  • 法令等
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
インドネシア商標法では、並行輸入が商標権侵害に該当するか否かは定かではない。商標法は、自らの商標を無許可で模倣した者を提訴する権利を商標権者に与えているが、並行輸入がこの規定の適用範囲に該当するか否かは定かでない。さらに、商標法が並行輸入を阻止するための独占権を商標権者に与えているか否かを解釈するのも困難である。商標と並行輸入に関する法的見解は、裁判所の解釈に委ねられることになる。

本稿では、インドネシアにおける並行輸入の原則と例外について、ACEMARK Intellectual Propertyの弁護士Ms.Yenny Halimが解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
ACEMARK Intellectual Property 弁護士 Yenny Halim
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.12.07
■関連キーワード
ID-dm-8300   ID:インドネシア   ファーストセール   ファーストセール・ルール   並行輸入   出所表示   出所表示機能   商標権侵害   実務者向け   権利消尽   権利消尽の原則   消尽理論   真正商品  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.