- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける共同特許出願および特許権

2018年04月03日

  • アジア
  • 法令等
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
企業は商業上および経済上の様々な理由から、特許権を共有し、共同利用する。提携する企業は、このような共有の条件について合意を図る必要がある。マレーシアでは、当事者間で合意された共有規定がない場合には、1983年マレーシア特許法に定められた標準規定が適用される。
本稿では、マレーシアにおける共同特許出願および特許権について、ZICO IPのパートナーで東南アジア地域IP代表のLinda Wangが解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
ZICO IP
Linda Wang
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.01.12
■関連キーワード
差止命令   共同利用   MY-am-4200   持分   共有契約   共有特許権   共同特許出願   MY:マレーシア   実務者向け   共同研究   実施   放棄   侵害訴訟   MY-am-4300   MY-am-2b00   MY-am-5100   MY-am-2001   移転   特許法   譲渡   取下げ   損害賠償   侵害   ライセンス  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.