- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

シンガポールにおける医薬用途発明の保護制度

2018年02月27日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
シンガポールにおける医薬用途発明の特許性に関し、手術、治療または診断する方法の発明は、産業上利用可能とは認められない。既知医薬化合物の新規な用途は、特許を受けることが可能である。また、既知物質の塩または多形体に基づく医薬発明や、用法または用量を特徴とする医薬発明については、新規性、進歩性および産業上の利用可能性の基準を満たしている限り、特許を受けることができると考えられる。既知化合物の精製物または既知製品の結晶形の特許性については、案件ごとに検討する必要がある。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Drew & Napier LLC (シンガポール法律事務所) DEDAR SINGH GILL
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.11.16
■関連キーワード
SG-am-2420   SG-am-2450   SG-ao-2450   SG:シンガポール   クレーム形式   スイスタイプクレーム   スイス型クレーム   医薬   医薬用途   医薬用途発明   医薬発明     多形   多形体   実務者向け   治療   特許   産業上の利用可能性   用法または用量   発明の保護対象   第二医薬用途   精製物  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.