- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ニュージーランドにおける著作権関連法規の概要および運用実態

2016年06月30日

  • オセアニア
  • 法令等
  • ライセンス・活用
  • その他

印刷する

■概要
ニュージーランドは、著作権保護に関する多くの国際条約の加盟国となっているため、日本や他の国で創作された著作物のほとんどは、「1994年ニュージーランド著作権法」(1994年法律第143号)に基づき、ニュージーランド国内で保護されることになる。今後は、加盟する環太平洋経済連携協定(TTP協定)に整合させるためのニュージーランド著作権法の改正にも留意する必要が出てくるであろう。

本稿では、ニュージーランドにおける著作権に関する法規の概要および運用実態や留意点について、Baldwins Intellectual Propertyの弁護士Sophie Thoreau氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Baldwins Intellectual Property(ニュージーランド法律事務所)
     弁護士 Sophie Thoreau
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.02.15
■関連キーワード
NZ-cm-2450   NZ-fm-2450   NZ-fm-4500   NZ-fm-9999   NZ-ln-4500   NZ:ニュージーランド   Technological Protection Measure   TPM   TPP   TPP協定   Trans-Pacific Partnership   使用者   供給契約   侵害抗弁   公共の財産   公共財   創作物   創作行為   図面   委託   委託契約   委託者   実務者向け   平面著作物   従業者   技術的保護手段   独創性   独自創作   環太平洋経済連携   立体製品   職務   著作権   著作権法   著作権表示   複製   設計図   譲渡   迂回  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.