- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドにおける商標権に基づく権利行使の留意点

2016年06月30日

  • アジア
  • 法令等
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • 商標

印刷する

■概要
インドでは、商標の「使用」が登録よりも優先されるというコモンロー上の権利を認めている。コモンローの精神として、商標法は、登録商標でなければ商標権侵害訴訟を提起できないが、未登録商標であっても詐称通用に対する訴訟は提起できるとしている。最近の最高裁判決でも、「後続の使用者が自らの商標につき登録を取得した場合であっても、先使用者の権利は後続使用者の権利に優先する。」と判示している。

本稿では、インドにおける商標権に基づく権利行使の留意点について、Remfry & Sagarの弁護士 Rosalyn Malik氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Remfry & Sagar(インド法律事務所) 弁護士 Rosalyn Malik
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.01.18
■関連キーワード
4300   8300   IN-dm-4300   IN-dm-4320   IN-dm-8320   IN:インド   コモンロー   一応の証拠   不使用   使用   使用予定   侵害訴訟   先使用   差止命令   暫定的差止命令   未登録商標   登録商標   詐称通用   詐称通用訴訟  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.