- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

韓国における商標ライセンス契約に関する留意点【その2】

2016年06月30日

  • アジア
  • 法令等
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
韓国商標のライセンス契約を締結するに際しては、ライセンス対象商標の特定、ライセンス範囲の策定、使用権登録の要否検討、ロイヤリティ料率の策定、公正取引法上の規定の考慮が必要となる。

本稿では、韓国における商標ライセンス契約に関する留意点について、Kim & Changの弁護士 李時列(イ・シヨル)氏が全2回のシリーズにて解説しており、本稿は【その2】続編である。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
金・張法律事務所(Kim & Chang) 弁護士 李時列(イ・シヨル)
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.01.05
■関連キーワード
KR:韓国   2300   5100   仲裁機関   仲裁規則   報償金   不公正取引   ロイヤリティ料率   公正取引   KR-dm-5130   KR-dm-5110   ライセンス契約の登録   品質保証   大韓民国   紛争解決   ライセンサー   実務者向け   契約期間   KR-dm-5100   ライセンス契約   ライセンシー   KR-dm-2340   ロイヤリティ   ライセンス  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.