- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

チリにおける商標権に基づく権利行使の留意点

2016年06月23日

  • 中南米
  • 法令等
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
チリにおいて、商標権侵害に対する権利行使としては、警告状、税関による水際対策、刑事訴訟および民事訴訟がある。刑事侵害訴訟におけるほとんどの事件は、和解によって決着している。民事侵害訴訟は、略式手続に基づき訴訟手続が進行するため、通常の訴訟手続と比べて法定期限がかなり短縮されている。

本稿では、チリにおける商標権に基づく権利行使の留意点について、SARGENT & KRAHNの弁護士Cristian Barros氏、Gabriel Pensa氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
SARGENT & KRAHN 弁護士 Cristian Barros
SARGENT & KRAHN 弁護士 Gabriel Pensa
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.01.08
■関連キーワード
CL-dm-2340   CL-dm-4000   CL-dm-4300   CL-dm-4320   CL-dm-4330   CL-dm-9999   CL:チリ   M.R.   Rマーク   予防措置   保証金   公証人   刑事侵害訴訟   刑事責任   和解   実務者向け   差止命令   悪意   抗弁   損害賠償   模倣品   民事侵害訴訟   民事責任   水際対策   略式手続   税関   訴訟費用   証拠   認証   警告状   通関停止命令   適用除外  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.