- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ウガンダにおける模倣品の現状および対策

2016年06月22日

  • アフリカ
  • 法令等
  • 制度動向
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
近年、ケニアを拠点とする東アフリカにおける模倣品は拡大の一途をたどっている。近隣国であるウガンダにも多くの模倣品が国境を越えて流入していることから、模倣品対策はウガンダにおいても重要な課題である。ウガンダでは模倣品の取締りについて様々な法律が規定されているが、その実効性を確保するためには多くの課題が残されている。

本稿では、ウガンダにおける模倣品の現状および対策について、Spoor & Fisher Consulting (Pty) Ltdの弁護士Wayne Meiring氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Spoor & Fisher Consulting (Pty) Ltd. 弁護士 Wayne Meiring
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.1.29
■関連キーワード
知的財産権侵害訴訟   公正利用   模倣品防止法案   規格基準法   管轄当局   差し押さえ   犯罪行為   UG-lm-9999   UG-lm-4300   UG-fm-9999   UG-dm-9999   UG-dm-8300   UG-dm-4300   UG-dm-4000   UG:ウガンダ   刑法典   捜査官   押収   民事訴訟   警察   商標法   模倣品   侵害   税関   裁判所   著作権   刑事訴訟  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.