- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

台湾における商標ライセンス契約の留意点

2016年06月21日

  • アジア
  • 法令等
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
台湾商標法では、ライセンス契約について独占的または非独占的の二種類が規定されている。台湾におけるタイセンス契約の登録は、効力の発生要件ではなく、第三者対抗要件である。商標権が侵害された場合、登録された独占ライセンスのライセンシーが自己の名義で権利を行使できる。また、ライセンス登録の有無にかかわらず、ライセンシーによる商標の商用は、当該登録商標についての不使用取消審判に対抗できることを示した判決がある。

本稿では、台湾での商標ライセンス契約の留意点について、理律法律事務所の弁護士 李文傑氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
理律法律事務所 弁護士 李文傑
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.1.28
■関連キーワード
5000   5100   TW-dm-5000   TW-dm-5100   TW-dm-5130   TW:台湾   サブライセンス   ライセンス契約   不使用取消   公正取引法   台湾商標法   品質保証   商標使用許諾   在庫品   実務者向け   独占ライセンス   第三者対抗   非独占ライセンス  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.