- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

南アフリカにおける現地法人の知財問題 - 現地発生発明の取り扱い

2016年06月20日

  • アフリカ
  • 法令等
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標

印刷する

■概要
外国企業は、1933年南アフリカ通貨および外国為替法第9条に基づいて制定されている諸規則を理解し、南アフリカの子会社が創出した発明等の知的財産を慎重に管理する必要がある。南アフリカで創出された知的財産に関する権利を、南アフリカの子会社から外国の親会社に移転する際や、外国の親会社が所有する知的財産に基づくライセンスを受けた南アフリカの子会社が、外国の親会社にライセンス料を支払う際は、為替管理当局の事前承認が必要となる。

本稿では、南アフリカで発生した発明等の取り扱い、特に南アフリカの外国為替管理法との関係について、Spoor & Fisher 弁理士 Dina Biagio氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Spoor & Fisher Consulting (Pty) Ltd. パートナー特許弁理士 Dina Biagio
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.2.15
■関連キーワード
ZA-lm-2b00   ZA-lq-5100   ZA-lq-5160   ZA:南アフリカ   ライセンサー   ライセンシー   ライセンス   南アフリカ準備銀行   外国為替法   実務者向け   実施許諾   居住者   所得税法   技術移転   海外親会社   為替管理   為替管理当局   現地子会社   現地発明   資本   輸出   金融監督局   非居住者  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.