- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

シンガポールにおける商標ライセンス契約の留意点

2016年06月16日

  • アジア
  • 法令等
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
シンガポールにおける商標ライセンス契約は、その内容を記載した書面へのライセンサーの署名により効力を生じ、知的財産庁商標登録局での設定登録の有無は効力に影響しない。(契約書はライセンシーの署名が無くても構わない)また、締結する際には、さまざまな契約の種類および条件に留意する必要がある。尚、第三者が無許可で登録商標を使用したことによる被害の停止および回復のため、ライセンシーには商標権者に対して商標権侵害訴訟を提起するよう要求できる権利が付与されていることが特徴的である。

本稿では、シンガポールにおける商標ライセンス契約の留意点について、Baker & Mckenzie.Wong & Leow (Singapore)の弁護士Cheah Yew Kuin氏、Faith Lim Yuan氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Baker & Mckenzie.Wong & Leow (Singapore) パートナー弁護士 Cheah Yew Kuin
Baker & Mckenzie.Wong & Leow (Singapore) 弁護士 Faith Lim Yuan
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.01.06
■関連キーワード
5100   SG-dm-5100   SG-dn-5100   SG:シンガポール   サブライセンス   ライセンサー   ライセンシー   ライセンス   使用料   包括的   品質管理   契約地域   契約期間   実務者向け   排他的   許諾範囲   限定的   非排他的  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.