- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

メキシコにおける現地発生発明の取り扱い

2016年06月15日

  • 中南米
  • 法令等
  • ライセンス・活用
  • 特許・実用新案
  • 意匠

印刷する

■概要
メキシコにおいて、発明について特許を受ける権利は原則として発明者に帰属するが、発明がメキシコ連邦労働法第163条(2)に規定する職務発明に該当する場合、発明を受ける権利は使用者に帰属する。使用者に帰属する発明について、発明者は使用者から報奨を受ける権利を有する。報奨額は、当事者間の合意により、または、労働委員会によって、決定される。

本稿では、メキシコにおける現地発生発明の取り扱いについて、OLIVARES LAW FIRM 弁護士 Daniel Sanchez y Bejar氏と、弁護士 Omar Serrano氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
OLIVARES LAW FIRM 
     弁護士 Daniel Sanchez y Bejar氏
     弁護士 Omar Serrano氏
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2015.01.23
■関連キーワード
MX-am-2b00   MX-am-2c00   MX-am-2d00   MX-am-4500   MX-am-5120   MX-lm-2b00   MX-lm-2c00   MX-lm-4500   MX-lm-5120   MX:メキシコ   使用者   優先交渉権   労働委員会   労働者   報奨   子会社   実務者向け   従業者   現地発明   職務発明   親会社   譲渡契約  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.