- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マダガスカルにおける模倣品の現状及び対策

2016年06月15日

  • アフリカ
  • 法令等
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
マダガスカルにおける模倣品対策に関して、マダガスカルの知的財産法、著作権法および関税法は、商標権者にとって極めて有益な規定を盛り込んでいるものの、現実問題として模倣品を効果的に取り締まるのは非常に難しい。模倣品を効果的に取り締まるには、基本的に訴訟を提起することが必要であるが、実際には、これまで提起された知的財産訴訟はごく僅かである。

本稿では、マダガスカルにおける模倣品の現状及び対策について、Spoor & Fisherの弁護士Wayne Meiring氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Spoor & Fisher(南アフリカの知財法律事務所) 弁護士 Wayne Meiring
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.2.22
■関連キーワード
ライセンシー   執行官   糾問主義   損賠賠償   公有化   MG-dm-9999   MG-dm-4330   MG-dm-4300   MG:マダガスカル   MG-dm-2340   一般名称化   実務者向け   侵害訴訟   押収   希釈化   関税法   並行輸入   著作権法   模倣品   海賊版   税関   著作権  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.