- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ブラジルにおける現地法人の知財問題 -現地発生発明の取扱い

2016年06月13日

  • 中南米
  • 法令等
  • 出願実務
  • ライセンス・活用
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
ブラジルの法律上、ブラジル現地において開発された発明に関して、特許を受ける権利を所有するのは、外国の親会社、ブラジル子会社、発明者である従業者のいずれであってもよい。しかし、実際に特許権に関する所有者の名義を決定する際には、権利の管理や権利行使上の便宜、さらに税務の観点にも留意して、最も適切な所有者を決定することが望ましい。

本稿では、ブラジル国内の子会社でなされた発明に対する現行ブラジル法の扱いと、ビジネスの実際に即した対応の必要性について、Gusmão & Labrunie事務所の弁護士José Roberto Gusmão氏、Fernando Eid Philipp氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Gusmão & Labrunie (ブラジル法律事務所) 弁護士 José Roberto Gusmão
Gusmão & Labrunie (ブラジル法律事務所) 弁護士 Fernando Eid Philipp
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.1.26
■関連キーワード
2001   2b00   4500   5100   BR-am-2b00   BR-am-2c00   BR-am-2d00   BR-am-2e00   BR-am-4500   BR-am-5120   BR:ブラジル   グループ企業   ロイヤルティ   共同所有   出願人   子会社   実務者向け   帰属   役務提供契約   所有権   承継人   権利行使   特許出願   現地発生発明   発明者   税務   税法   親会社   譲受人   雇用契約  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.