- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ミャンマー知的財産権制度の概要【その2】~新知的財産法案について~

2016年06月13日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 制度動向
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
ミャンマーでは経済発展に伴い、知的財産権の保護およびその権利行使の重要性が高まっている。現在のミャンマーは他国とは異なり、著作権法を除いて実体的に有効な知的財産法は存在せず、これを統括する知的財産局も存在しない。しかしながら、2015年7月、商標法、特許法、著作権法、工業意匠法等、知的財産保護に関する新たな法案が議会に提出され、一般からの意見公募を目的として新聞紙上で公表された。

本稿では、全2回シリーズの【その2】として、ミャンマー新知的財産法案の概要について、現行の登録プロセス及び権利行使からの主要な変更点を中心に、Rouse & Co. International (Thailand) Ltd.の弁護士Fabrice Mattei氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Rouse & Co. International (Thailand) Ltd 弁護士 Fabrice Matteittei
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.2.16
■関連キーワード
MM-am-2001   MM-cm-2001   MM-dm-2001   MM-fm-2001   MM:ミャンマー   不使用   優先権   先使用主義   先願主義   入門者向け   周知商標   商標の使用   商標の定義   新規性   特許を受けることができない発明   産業上の利用性   相対的登録性   知的財産権利者協会   税関登録   絶対的登録性   著作権   進歩性  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.